バイオベンチャー創業記 箱物を作れ

スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


haruhicomをフォローしましょう

箱物を作れ

  • 2006/06/27(火) 16:47:34

政府はバイオベンチャーの後押しをいろいろな形で行ってきた。
関東にはゲノムベイ構想というのがあって
政府の推進の下にネットワーク構築や
インフラ整備が行われている。

今、バイオベンチャーの立ち上げをしているのであるが
当事者になってみると使いにくさが目に付く。
先日VCの方と議論する機会があり
関東にはバイオベンチャーがウェットの実験ができる施設の
キャパシティーが少ないという認識をお互いに有していることを感じた。

バイオベンチャーであれば組換え体を扱うのが通常なのでP2レベルの施設が必要となる。
そういった観点ではまだ十分な施設がないことと
大学などに付属の施設として運用されているものが多いことで
大学に関連の無い企業が使う際には使いにくくなっている。

またそういった施設が遠い距離にあり
地理的なデメリットを有していて使いにくい。
正直にいって柏やかずさは遠い。

シリコンバレーと対比してみると
あちらでは市が運営する施設や
民間企業が経営する施設がいくらでもあり
スタートアップ企業が利用しやすい状況が存在する。

つぶれるベンチャーもざくざく出るので
居抜きで使えたりするので
実験用ベンチの導入の必要も無かったりする。

正直に言って
まだまだインフラ面ですら追いついていないのが現状である。
関西は関東に比べるとかなり状況が良い。
彩都や神戸などにそういった施設が存在する。
中心部から45分ぐらいのアクセスを持っているから使い勝手がよい。

関東のように研究所はつくば、本社は都内では
ベンチャー企業では上手く行かない。
経営と研究開発は密接に連携していなければ
情報やモティベーションの共有が難しい。

中小企業基盤整備機構(中小機構)ががんばっているが
もう少しってところなのである。
民間企業でも政府系企業でもいいので
都内あるいは近郊で便の良いところにインキュベーション施設を作れないだろうか。

以下、バイオ関連のインキュベーションが可能な施設のリストである。
全部を網羅していないと思いますので
追加すべき内容があったらご教授ください。
============================================


◆ 北海道地域
北海道バイオベンチャー育成センター

◆ 東北地域
東北大学連携型起業家育成施設(東北大学青葉山キャンパス内)
H19.施設オープン予定

◆ 関東地域
リーディングベンチャープラザ(横浜市鶴見区)
横浜金沢ハイテクセンター・テクノコア(横浜市金沢区)
神奈川サイエンスパーク(川崎市高津区)
東大柏ベンチャープラザ(千葉県柏市)
慶應藤沢イノベーションビレッジ(神奈川県藤沢市)
千葉大学連携型起業家育成施設(千葉市中央区 千葉大学亥鼻キャンパス内)
H19.施設オープン予定
クリエイション・コアかずさ&かずさバイオインキュベータ(千葉県木更津市)
東京工業大学インキュベーションセンター(すずかけ台キャンパス内 長津田町)
(着工済み?)

◆ 中部地域
浜松イノベーションキューブ(静岡県浜松市)
名古屋医工連携インキュベータ
いしかわ大学連携インキュベータ(i-BIRD:石川県石川郡野々市町 石川県立大学キャンパス内)


◆ 近畿地域
彩都ライフサイエンスパーク(大阪市)
メドコラボ神戸(神戸市)
クリエイション・コア京都御車(京都市上京区)
立命館大学BKCインキュベータ(滋賀県草津市 立命館大学びわこ・くさつキャンパス内)

◆ 九州地域
久留米リサーチパーク
くまもと大学連携インキュベータ


haruhicomをフォローしましょう

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。