バイオベンチャー創業記 インクがイイ

スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


haruhicomをフォローしましょう

インクがイイ

  • 2006/06/14(水) 19:47:21

皆さんは数日前に書いたホワイトボードの字が
消えにくかった経験は無いでしょうか?

ゴシゴシやっても消えなくて
クリーナーをシュッシュッとかけたりして
消さなければならなかったりしてことがあるのではないかと思います。


少し前にホワイトボードを購入したら
おまけでコクヨのinkga-e(インクがいい?)という名のマーカーと
yokuki-L(よく消える)というなのイレイザーが付いてきました。

これが優れものだったのです。

名前は一見オジサン好きのする駄洒落ネーミングですが、
「消え方」が違うのです。

一緒に購入したマーカーでは数日経つと字が消えにくくなるのですが
書いた直後の消え方ではあまりはっきりとした差はでないのですが
数日経った字の消え方は天と地ほど違います。


今までにマーカーの特性を
書き味とか見えやすさ、持ちやすさで考えたことはありましたが
「消えやすさ」という要素があったのは
発見でした。

お試しあれ。
ink


haruhicomをフォローしましょう

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

ホワイトボードに間違って油性ペンで書いてしまった時、上からマーカーで塗りつぶし、それから消すとびっくりする程きれいに消えます。
古い字もその方法で消えるのでは。

以上、生活に役立つ豆知識でした。

  • 投稿者: わ
  • 2006/06/15(木) 01:14:21
  • [編集]

あ、それは溶剤効果ですね。
マーカーの顔料が溶液に溶けている状態でボード上に書かれているので、乾いた跡でもその溶液を含む液、例えばマーカー液そのものがやってくれば顔料は再溶解して消えやすくなりますよね。
これは油性でも多分同じだと思いますよ。

  • 投稿者: はる
  • 2006/06/15(木) 01:38:21
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。