バイオベンチャー創業記 IKEAの企業構造

スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


haruhicomをフォローしましょう

IKEAの企業構造

  • 2006/06/07(水) 16:26:03

北欧組み立て家具屋のIKEAが日本1号店を船橋にオープンして
しばらくたつが、業績はどんななのだろうか?
(実際には以前に進出して撤退したことがあるらしい)

IKEA


ネットをうろうろしていたら
IKEAの企業構造に関する解説が出ていた。
元々The Economistの記事だが、
非常に面白かった。

創業者一家の支配権の維持と利益吸い上げの仕組みが
節税を目的に複雑に巧妙に作り上げられているという話だ。
お勧めする。


haruhicomをフォローしましょう

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

確かに、、、非常に良く出来ていますね。
支配権ルートと配当ルートを分けるのはなるほど(ポン!)という感じです。エンティティを何段も重ねるところにも何か意味があるのでしょうね、何段も重ねることで関係を見えにくくしたということでしょうか。
よく調べたものです。

  • 投稿者: キャピタリスト
  • 2006/06/09(金) 00:59:52
  • [編集]

本当に良くここまでやったと思いますし、
調べた人も良くやったと思います。

いつごろからこういう仕組みを模索したのかという点と
将来的に(例えば莫大なキャシュがでつづけて、財団の資産が大きくなった場合に)この支配構造はどう変化するのか(例えば持ち株比率はより大きくなるのか)という点も気になるところです。

  • 投稿者: はる
  • 2006/06/09(金) 01:12:28
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。