バイオベンチャー創業記 Biosimilar VBに明日があるか

スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


haruhicomをフォローしましょう

Biosimilar VBに明日があるか

  • 2013/09/03(火) 00:00:01

Biosimilarのニュースを聞かない日が無くなりつつある。一時はカニバリに懐疑的なグローバルメガが躊躇する間隙を縫って成功を収めたVBも出たが、patent cliffなどによる収益機会の減少で形振り構わなくなったグローバルメガが軒並み参入するようになって勢力図は変わって来たように思う。先日もEPIRUS BiopharmaceuticalsがRemicadeの後発品のPh3で良好な結果を発表したがぱっとしない。
http://www.epirusbiopharma.com/news-articles/BOW-015-Positive-P3-Data.html

Biologicsの雄の1つであるAmgenなどもEPOやG-CSF以外のBiosimilarはフルラインアップで開発をしていくようだが、一方で先般もTevaとLonzaがbio similar VBを解消しているように、こうした規模の企業でも、これだけ抗体医薬製造には経験のある企業でも戦略なき競争は難しくなっている。

背景の一つには韓国のCeltrionやSamsungなど政府の膨大かつ全方位的なサポートを受けた企業と経済的に競合していくのが難しいことがある。またグローバルにマーケティングできないと開発に突っ込んだコストを効率よく回収できないわけで、プレーヤーに求められるハードルは上がる一方であることも理由である。日本でも協和発酵キリンと富士フィルムのJVやVBではジーンテクノサイエンスもあるが、グローバルプレーヤーがこぞって自社で参入する中で果たして勝つための戦略が構築できるのかはアイディアが思い浮かばない。

ただ一つ言えるのは、これからVCバックのVBを作るのは流石に利口な戦略とは思えないということだ。大手製薬でも血の海と化した領域に入って行くには相当練られた戦略と相当覚悟を決めた投資をしないと難しいはず。それにしても数年前は良さげな戦略に見えたかもしれない戦略が陳腐化するのが早い。意志決定が遅い会社が死ぬのもしょうがない。


haruhicomをフォローしましょう

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。