バイオベンチャー創業記 Tesaroはどうなる?

スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


haruhicomをフォローしましょう

Tesaroはどうなる?

  • 2012/07/05(木) 00:00:00

GlobeimmuneがIPOですね。
GlobeImmune Files Registration Statement for Proposed Initial Public Offering
日本の投資家さんも入れていますし
これは同じくImmuotherapyを志す会社としても歓迎すべきニュースです。

ここのところ赤字のバイオテック企業に対する風当たりは米国でも強く
上場しても株価が折れることが多かったのですが
ちょっとここへきて驚きなIPOが1件ありました。
直近でIPOをしたTesaroです。
つい先週IPOをしたのですが、Postで$360MのMarket Capで$81Mも調達をしました。
Facebook以降最初のIPOです。

Tesaro

Tesaroはエーザイに買収されたMGIのマネジメント陣が2010年の3月に立ち上げた社歴わずか2.5年の会社です。3月に最初にS-1ファイルした時点では社員はわずか20名でした。いまもそんなに多くないハズです。

上場までに2回ファイナンスをしていますが、
1回目で$21.6M、2回目で100.5Mと合計で$122.1Mも集めています。
リードはNEAで、その他にInterWestとKPCBという豪華顔ぶれです。
preIPOの段階でこの3社で72.5%持っていました。
IPOで集めた$81Mのうち$25Mはその3社のコミットメントです。
つまりここでさらに買い増しますと。凄い。

プロダクトなしで創業したのですが、
矢継ぎ早に3剤を導入しています。

2010年の12月にOPKO HealthからRolapitant@Ph2+backupsを
$6M U/F
$30M M/S
$85M sales M/S
1.5M株のser O stock
10%前半から20%前半までのtiered royaltyで

2011年3月にAmgenから@preclinicalのALKプログラムを
U/F$0.5M
M/S$138M
数%~10%ちょっとのtiered royaltyで

2012年の5月にMerckからPh2readyのNiraparib+backupsを
U/F$7M
M/S$57M(for 1st indication)
29.5M(for each 2nd or later indication)
SalesM/S upto$87.5
tiered royaltyで

つまり10年ぐらい前にあったような
VCがお金をどっかーん、どっかーんと入れて
レイターステージのプログラムを導入して
パパぱっと上場するモデルを
この時代に、この環境下でやってのけたわけです。

確かに、製薬会社が後期ステージの開発品目に
糸目を付けずにお金をバンバン出す時代ですから
p2のプロダクトが2つあったらどちらか行けるでしょうという感じなのでしょうが
まだ当面はp3でお金も時間もかかるでしょうから在庫の状態がつづくハズです。

ただ少なくとも今日現在でまだ公開株価を保っているわけなんで
市場が一応受け入れたということなのでしょう。
(もしかしたらまだ証券会社が買い支えているだけかもしれませんが)

ちょっと動向は要チェックですね。

参考 S-1/A Jun19(最終)バージョン

ちなみに余談ですが、S-1のp119以降のマネジメントに対するCompensation ProgramはCEO、CSOおよびCFOの3名が対象ですが、M/Sでweightingされていて結構面白いです。


haruhicomをフォローしましょう

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。