バイオベンチャー創業記 パイを大きくする話と、分け前をどうするかという話

スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


haruhicomをフォローしましょう

パイを大きくする話と、分け前をどうするかという話

  • 2012/02/15(水) 00:00:01

定義にもよるんでしょうけど
日本で上場しているバイオベンチャーは
私のカウントでは最近上場したカイオムまでで30社で
これまでに要件の問題でdelistされた1社を含めても
上場すると不思議と消滅することが無くなるようです。

一方で、上場予備軍と呼ばれている層の会社は
おそらく上場している会社数よりも少なく
また最近の資金環境の悪化を考えますと
スタートアップをさせるのはさらに難しく
ピラミッドが逆さになっているという
歪な業界構造になっているように思えます。

その上場しているベンチャーの中には
どうも明らかに迷走をしているところも出ていて
特にリーディングポジションに居ながら迷走を始めたところまで出てきたのは
新しいステージに業界が入った画期的なサインなのではないかと思います。

まあこういった話は別に日本に限った話でもないのでしょうし
漏れ聞こえてくる話の真偽の程もよくわかりませんので
個別の話についてのコメントは戯言に過ぎないのですが
共通して見られるのは
パイの分配の話にフォーカスがあって
パイを大きくする話で無くなってしまう傾向で
とても残念なことだと思います。

おそらくそういった会社は既に寿命が来ていて
そうなると残されている道は
再生か終了かであって
living deadのまま維持されるのは
極めて不健全なことでありますし
後進のためにならないことだと思います。

残念ながら今の日本には
業界を超えてあるいはそもそも国全体に
そういった話がそこここにあって
子孫に美田を残すどころか
朽ち果てた畑を残してしまうことになるのではないかと危惧します。
これじゃとても居酒屋談義にしても
「最近の若者は…」
なんてことを言える資格がなくなっちゃうのではないでしょうか。

もっと適正に新陳代謝が進むメカニズムを作って
未来に向かってパイを大きくする話をしたいですね。
もう少しまともな日本をバトンタッチできるように。


haruhicomをフォローしましょう

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます

  • From: |
  • 2012/05/13(日) 16:21:44

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。