バイオベンチャー創業記 旭化成のファスジル訴訟

スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


haruhicomをフォローしましょう

旭化成のファスジル訴訟

  • 2011/08/28(日) 00:00:01

2011年8月19日 旭化成ファーマ株式会社 旭化成株式会社
スイスActelion社との訴訟における第一審判決について


これ、日本でちゃんと報道されていませんが、結構面白いネタです。

AsahiKasei

Actelion


経緯はこうです。
1. 元々は元 三重大学・名古屋大学医学部教授で現 株式会社デ・ウエスタン・セラピテクス研究所最高科学 責任者(CSO)兼開発研究所長の日高先生がRho-Kinase阻害剤、ファスジル(Fasudil)を合成 (1980年代)
2. 旭化成がくも膜下出血術後の脳血管攣縮及びこれに伴う脳虚血症状の改善を対象疾患に日本で開発。上市
3. 旭化成が狭心症領域の欧米の経口剤の権利をSchering AGにライセンス (2001年)
4. 旭化成は狭心症領域の欧米の経口剤、吸入剤の権利をCoTherix社(米国)にライセンス (2006年)
4. Actelion(スイス)がCoTherixを買収(2007年1月)
5. Actelionは競合薬VENTAVIS® (ILOPROST)を2005年より上市していた)
6. (それが理由か分からないが)ActelionはFasudilの開発を中止して塩漬けに(2007年以降)
7. 旭化成はActelionを忠実開発義務違反を理由に提訴(2007年11月)
8. ICC(国際商工会議所)の裁定では$91Mの支払いをActelionに命じた(2009年)→全額受領
9. 米国カリフォルニア州サンマテオ地裁はActelionに総額516.6百万米国ドルの支払いを命ずる一審判決を出した。(2011年8月)

ポイントは
Act社が競合薬の塩漬け目的でCo社の買収までしたという話。
新薬開発があまりにお金がかかるので、
折角開発した薬の売り上げ奪われるより、
開発し直すより、
会社を買った方安いってことです。

一方で単なる契約違反であればここまでの金額になることは
旭化成が販売していた金額(年間十数億円)を考えるとならないと思われますが
Antitrust法絡みの案件として捉えられたため
賠償金額が巨大化したものと思われます。

なお本件についてはActelionの意志決定に問題があったと株主に指摘されており
直後にボードメンバーの入れ替えがアナウンスされています。
02 August 201
ACTELION ANNOUNCES CHANGE IN ITS BOARD OF DIRECTORS


余談ですが、
準拠法および管轄裁判所がカリフォルニアであることを考えますと
契約そのものは旭化成にとってどうだったのかと推察しますが
きっとよい弁護士が付いたのでしょう。

以下リンク

2001年8月8日 旭化成株式会社
狭心症領域の経口剤のライセンス契約締結について


2004年3月9日 旭化成ファーマ株式会社
血管拡張剤 ファスジル経口剤の海外における臨床結果について


2006年6月29日旭化成ファーマ株式会社
ファスジル経口剤及び吸入剤のライセンス契約締結について


TUESDAY, 9 JANUARY 2007
ACTELION LTD. ANNOUNCES SUCCESSFUL COMPLETION OF ITS CASH TENDER OFFER FOR SHARES OF COTHERIX, INC.


2009年12月24日
米国CoTherix社との仲裁裁定について


Jul 30, 2011 3:55 AM GMT+0900
Actelion Wins $70.4 Million Reduction of Asahi Kasei Award in Fasudil Case



January 14, 2011
脈管学第 50 巻記念 特別寄稿
蛋白リン酸化酵素阻害剤:塩酸ファスジルの開発と臨床応用


haruhicomをフォローしましょう

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。