バイオベンチャー創業記 4ヶ月分の命のお値段750万円:Provengeのプライシング

スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


haruhicomをフォローしましょう

4ヶ月分の命のお値段750万円:Provengeのプライシング

  • 2010/11/10(水) 00:00:01

先に書きました初めて承認を受けた細胞医療でDendreonの前立腺ガンに対する治療薬Provengeですが
なんかすんごい薬価でいろんな議論を呼んでいるようです。

provengelogo

参考 Dendreon's Provenge Questioned in NEJM

1回1ヶ月の投与コースのコストですがなんと$93,000(約750万円)でございます。

「前立腺癌治療薬「Provenge」が3年生存率を38%改善」
と聞くとみなさんはどれぐらい効く薬を想像しますか?
この記載はどれぐらいの人に対してこの薬が効果を示したかで
効いた場合にどれぐらいの延命効果があるかではありません。

抗がん剤の延命効果を解析する場合に一般的に使われるグラフで見てみますと
こんな感じ
provenge
source: New England Journal of Medicine (NEJM)

酷な言い方をしますと
治りません。
ご覧頂いておわかりいただけるように
最後は皆さんお亡くなりになります。
薬を打とうと打つまいと。

"median improvement of 4.1 months compared to the control group (25.8 months versus 21.7 months)"by Dendreon HP
ということですから
生存期間の中央値が対象群に比べて4.1ヶ月長くなるというです。
つまり1ヶ月の延命のお値段180万円。

NEJMのNew Therapies for Castration-Resistant Prostate Cancerの筆者のDr. Longoによりますと
その延命効果に対してそのお値段はいかがなものかと。

さらに通常の抗がん剤と違う点が1つ。
通常はコースの途中で効かなそうな結果になると
途中で投与をストップしてそれ以降の支払いはありませんが
Provengeは1ショットで
支払いも一発です。
従って感触が出始める頃には
支払いは完了済みと言うことです。

ただ、欲しい人がいる限り
どんなに高く価格を設定しても良いのがアメリカで
保険会社が支払いを認める限りは
OKだったりするのです。

以前にAvastin500万円の話も書きましたが
皆さんはどう思いますか、このプライシングは。


haruhicomをフォローしましょう

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

金で命を買うか?

 はじめまして。「MBTI」で同じタイプだったので訪問しました。やっぱり論拠をしっかりしていて似ていると思いましたが、私は四流大学の文学部なのでついていけるかどうか?

 さてこのグラフ。私は1ヶ月で新車を買い換えるほどならば、何か別なものに充てたいですね。このグラフの推移の恩恵を受けるの三国志の曹丕
ぐらいの権力者だけでしょうね。

実は私は躁うつ病を患っており、デパゲン200とセロクエル・デパスなどを処方しております。投薬療法は、こうした精神薬には効きます。あとは環境だけですね。

薬はライフスタイルの一つと考えてもう10年になります。漸くその考えを受け入れることができました。でも最近でも寝ぼけてしまって彷徨することもあり、大変です。
でもそれは科学的には証明されても、自分の自発的精神を逆に薬で応援してもらっているんだと考えるべきだと思います。失敗があってもそれを歪んだ形で認知しないことの大切さ。全てを受け入れようと思う人間が薬を処方する。それが効能となって現れるかと思います。

ですので何かを求めるという「特効薬」というのはないのではないかと考えます。

人間はいつの間にか「死なない動物」と誤解をしているようで、死を真剣に考えません。その歪曲が薬の変な「絶対信望」にかりたてる、真実を糊塗するために「薬」を熱望する。そして裏切られると「時間を返せ」とわめいてしまう。

薬に対する姿勢が問われているのではないでしょうか。

  • 投稿者: vecotr.score
  • 2010/11/19(金) 22:52:31
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。