バイオベンチャー創業記 ジェネリックの波が日本に押し寄せる

スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


haruhicomをフォローしましょう

ジェネリックの波が日本に押し寄せる

  • 2010/05/30(日) 00:00:01

Sanofiが日医工とJV設立を発表した。
Sanofiと日医工が51:49の比率で出資をし
さらにSanofiは日医工の株式の4.66%を(約5億円分)を第3者割当で購入する。

政府が旗を振れども一向に進んでこなかったジェネリックへのシフトであるが
こんどもまた外圧によってシフトが起こる予感がある。

これまでに日本のジェネリック市場への大手の参入を見てみると

Tevaと興和が2008年にJV設立
またファイザーは2009年11月に日本のジェネリック市場への参入を表明
2010年2月に富士フィルムファーマ(w/三菱商事、東邦H)が設立

とここしばらくで矢継ぎ早の動きである。
またバイオジェネリックを見ると

日本ケミカルリサーチ(JCR)とキッセイのEPOジェネリックにおける提携(05年)
およびgskとのバイオ医薬に関する包括提携(09年12月)
の動きは際立つ。

世の中は明らかにジェネリックにシフトする
5つの理由による。
1.特許はやがて切れ
2.そのプロダクトが儲かることが市場で試されており
3.開発のコストはジェネリックのそれは新薬に比べて決定的に安く
4.そのプロダクトの製造方法は模倣可能であることが多く
5.価格の安いジェネリックへのシフトを政府と消費者が望んでいるという錦の御旗がある
からである。

製造はこれまである程度のバリアを維持してきた。
特にバイオシミラーにおいてはそれは顕著であった。
同等性を示すことが低分子に比べて困難であったからだ。
しかしJCRの偉業にも見られるように
それはもはや実現可能な範疇にある。

ジェネッリク会社は口を開けて待っていれば
時間とともに特許切れの新薬のマーケットがやってくる構造だ。
(当然、開発をするという前提だ)

TevaはBarrを2008年に買収し
今、Ratiphoarmを買収して2位のSandozに約2倍の差をつけて
さらに強力なポジションを築こうとしている。

2009 Global Generic Peer Group Sales(US$B)
teva2
source: Teva's Presentation at the Bank of America Merrill Lynch Annual Health Care Conference

大手製薬会社を含めたセールスのランキングでは現在16位であるが
間もなくトップ10に入るとみられている。

1. Pfi zer
2. Sanofi -Aventis
3. Novartis
4. GlaxoSmithKline
5. Roche
6. AstraZeneca
7. Merck
8. Johnson & Johnson
9. Eli Lilly
10. Bristol-Myers Squibb
11. Abbott
12. Bayer
13. Boehringer Ingelheim
14. Amgen
15. Takeda
16. Teva
17. Novo Nordisk
18. Astellas
19. Daiichi Sankyo
20. Otsuka

ジェネリックのビジネスは製薬と異なってM&Aにためらいが要らない。
AとBをくっつけたら単純に売上はその総和になり
コストを下げた分だけ利益率は向上する。
キャッシュが増えればそれがまた次の買収の原資になる。

やがて開発可能な医薬品が出尽くして
そして特許がきれてジェネリックが出る。
買収を繰り返して大きくなったジェネリックメーカーは
その間に最も力のある1社に統合される。
極論をするとこのまま待てば世界はTevaのものになるということだ。

大手の製薬会社はその構図はとっくに分かっていたに違いない。
しかしその立ち位置に縛られて手が出せなかったと思われる。
だがここへきて一斉に実益を取る方向に舵を切ったようだ。

日本でも第一三共がRambaxyと提携をしているが
うかうかしていると外資のジェネリックの波に飲み込まれてしまう気がしてしまう。
そしてそんな構図になれつつある業界が怖い。


haruhicomをフォローしましょう

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。