バイオベンチャー創業記 「バイオベンチャーで働こう」を超えて

スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


haruhicomをフォローしましょう

「バイオベンチャーで働こう」を超えて

  • 2010/02/01(月) 00:00:01

ときどきシリコンバレーでも日本人バイオコミュニティーの集まりがあったりするのですが
とても残念に思うことが1つあります。


それはシニアマネジメントとして成功した人がいないということです。


少し前にやはり集まりがありまして
シリコンバレーのバイオベンチャーで働こう(あるいは働くには)という趣旨の回だったので
数年ぶりに顔を出してみたわけです。
会は会で面白く充実したものであったわけですが
何かもやもやしたものを持って帰りました。

しばらくしてからその回に出席した人と飯を食べながら
なんだろうねこの違和感はと話をして
「そりゃ目線が低いからだ」ということで一致しました。

似たような会で
中国人の集まりもありまして
そういうところに出ると
必ずどっかの会社のCEOであったり
あるいはどこかの会社のシニアマネジメントとして成功した人がいて
そういった成功を収めるにはといった経験を共有して持ち帰るわけですが
日本人で同じような集まりがあっても
従業員目線で
どういったら就職できるかとか
どうやったらいい待遇をえられるかとか
どうやったら首にならないかとか
大事ではあるんですが
ちょっと寂しい趣旨になってしまうのです。

それはなぜか。
それはまだ誰もシニアマネジメントとして成功した人がいないからです。
(いたらすいません、でも多分まだいないと思います。)

同じ会社にいるにしても
シニアマネジメント(多分VP以上を指していうことが多いと思いますが)として仕事をするのと
従業員として仕事をするのとでは
その貴賎を言うわけではありませんが
全く志向(あるいは思考も)が異なります。
その境界を分かつものが何かと言ったら
それは結果に対する強いコミットメントであると言いきれます。
従業員であってもコミットメントは求められるわけですが
シニアマネジメントは結果として会社にいかほどの利益があるのか
あるいは不利益があるのかを把握している(べきな)ので
としてのその度合いは遥かに高いものになるはずです。

マインドセットとしても
会社からどれだけ奪い取るかではなく
会社にどれだけ利益をもたらして
結果としてリターンを得るかという
根本的に違う意識が働いています。

そういった刃の上での経験において
まだ日本人コミュニティーにおいては共有できることが少ないのは極めて残念で
私たちを含めて早く成功体験が作れればいいなと思うのでした。

最初のステップは「バイオベンチャーで働こう」でも
最後は「バイオベンチャーで成功しよう」になるように頑張りましょう。


以下後日追加

と数日たってから読者のA氏から連絡があって
大事な人を忘れていると。
そうでした何度かお会いしているのに金子恭規氏を忘れていました
Genentec,h BNP-Paribas, Tularik(CFO), Skyline Ventures(Partner)と渡り歩いた
大事な方を。
うーん、でも一人かー。

参考:新潮社フォーサイト「狩猟民族型ビジネスマンの戦いの日々」
これは今では有名な梅田望夫氏が実はインタビューをして書いています。


haruhicomをフォローしましょう

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

  • 投稿者: -
  • 2010/02/07(日) 18:22:01
  • [編集]

Re: この方を該当しない??

コメントありがとうございます。

スタンフォード出身ですが
おっしゃるように主に東海岸のPharma-establishmentのサイドで活躍され
おそらく日本人の中ではこれまでで一番成功されているかも知れませんね。

http://www.gatesfoundation.org/leadership/Pages/tachi-yamada.aspx

> biotechじゃないですが、元GSKのR&Dでトップまでされてた人がいます。
> http://en.wikipedia.org/wiki/Tachi_Yamada


  • 投稿者: はる
  • 2010/02/07(日) 18:35:58
  • [編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 投稿者: -
  • 2010/02/24(水) 03:08:06
  • [編集]

Re: タイトルなし

是非。
> ご無沙汰しています。STANFORDの奥村です。二月から、San DiegoにあるBIOLEGENDという会社で働き始めました! ちょくちょく日本には帰るので、お時間あればご飯でも!

  • 投稿者: Haru
  • 2010/03/06(土) 10:16:38
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。