バイオベンチャー創業記 CanBas上場へ、しかし武田さん。。。

スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


haruhicomをフォローしましょう

CanBas上場へ、しかし武田さん。。。

  • 2009/08/27(木) 16:00:00

久しぶりの創薬ベンチャーとしてCanBasに上場承認が下りていましたが
今日仮条件が決定して1900-2100円となりましたね。
中央値の2000円を取った場合株式数と合わせると
プレで43.3億円、ポストで最小56最大58億円の上場ということでしょうか。
先のテラがプレ31、ポスト34億円で公開していますから
もう少し大きい時価総額となりました。
(モデルが違うので比べること自体ナンセンスですが)

証券会社の方が先日目論見書を持ってきてくださったのですが
驚いたのは武田薬品と結んだCanBasの主要契約で
CBP501のライセンス契約のアップフロントが1185.5万円!?
株式発行で2.2億円が同時に払い込まれていますが
それまでにかかった費用を回収するには程遠い額でびっくりしました。
マイルストーンはバックアップ化合物をいれても20億円ちょっと。

証券会社のみなさんも時価総額つくるのに相当苦労されたと思います。
だって割引率0でも501だけだと20億そこそこになってしまいますから。

んー、武田さんちょっと日本の会社に渋くないですか?
日本のバイオ業界を活性化しておいたほうが
巡り巡っていいリターンが得られると思うのですが。。。


haruhicomをフォローしましょう

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。