バイオベンチャー創業記 あたらしいエコシステムはあるか

スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


haruhicomをフォローしましょう

あたらしいエコシステムはあるか

  • 2009/05/28(木) 00:00:01

日本の会社が軒並みインフルエンザで出張を自粛したので
ほとんど日本人を見かけないBIOとなりまして
アメリカの会社の人からは
日本の会社にミーティングをキャンセルされたと
私の責任のように詰め寄られたりしたのですが
それはこの人この人の責任だと言っておきました。

バイオ業界も
口を開けば二言目には資金難の話が出るわけで
企業サイドも投資家サイドも
相当資金的には痛んでいるのが実感されます。
資金的に傷んだVCは
リスクが低く短期的な回収が可能な
Late Stageの案件にかろうじて投資の目が行っている状況です。

また一方で製薬会社は
2010年問題といわれる主要品目の特許切れ問題に加えて
2013年に来るといわれる"patent cliff"により
$140B(約14兆円)の売上減少
あるいはpost dividendベースで年間$50Bもの
利益が減少することが予想されているので
この溝を埋めるべく新しい導入品目を模索しています。
しかしながら4年以内というのは
かなり差し迫った状況のため
Late Stageのプロダクトを中心に見ています。

Pharma→Late
VC→Late

こうなると
"who funds early" (誰がアーリーステージの会社を育てるのか?)
という問題が生じています。

いずれのplayerも
この状況を続けると
将来のLate Stageの案件が枯渇するのは見えているので
行ってみれば焼畑農業をしている認識はあるのですが
現状ではひたすら「国頼み」になっているようです。

しかしその国にしても
将来的にきちんと国民福祉と産業育成・創造という形で
回収できる助成でなければ
合理性を欠くことになるわけですから
リターンが返せることが前提となります。

この新しい市場環境、資金環境下で
参加者であるところ国、投資家、製薬会社、バイオテック企業、それらの従業員の
誰もが意欲をもって参加できるような
新しいエコシステムが求められています。
これから数年でみんなでもがいて
作り上げていくことになるのでしょう。


haruhicomをフォローしましょう

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。