バイオベンチャー創業記 防衛か、共存か

スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


haruhicomをフォローしましょう

防衛か、共存か

  • 2009/05/15(金) 00:00:02

このブタインフルエンザ災禍の中
普通にアメリカへと出かけたわけですが
聞くところによると
多くの会社で渡航禁止あるいは自粛令が出ているようで
ビジネスクラスが特にガラガラなのは
そのせいだと思われます。
無理を押して渡航すると
10日間の出社禁止が待っていたり
中には外国からの来客にはオフィス外で会うように
指示している会社もあるそうで
ほとんど戒厳令になっています。

一方でアメリカにいると
実に対応に差があると感じます。
中には早く感染したほうが重症度が少ないということを信じて
"swine flu party"(インフルエンザ感染パーティー)とか
アホなことをやっている人たちもいるようです。
(WHOは無謀なリスクを冒さないように強く指導をしています。)
'Swine flu party' a bad idea

この対応の差の理由を考えてみると
日本が島国で防御しやすいのに対して
アメリカはメキシコと地続きで
どう考えても感染の広がりは時間の問題
と考えていることがあると思いますが
どうも政治的なパフォーマンスであるような
気がしてしまいます。

確かに今回の検疫は一定の成果をあげており
ワクチン開発までに時間稼ぎができれば
被害は抑えられるかも知れませんが
一方で長期戦であることを考えた場合に
最適な資源配分であるかどうかは
疑わしい気がします。

当初よりWHOは
封じ込め(containment)は難しく
緩和(mitigation)にフォーカスすべきであると言っています。
"Containment is not a feasible operation"

WHOのブタインフルのFAQを見ると

Is it safe to travel?
Yes.
旅行しても大丈夫ですか?
はい

Does WHO recommend screenings at country entry and exit points to detect if ill people are travelling?
No.
WHOは入国や出国に際して検疫を推奨しますか?
いいえ


と明確に書いています。
いかに日本は行きすぎた対応しているかがうかがえます。

もしこのインフルエンザ災禍が
1-2ヶ月で終わるなら
鎖国でも籠城でもすればいいと思いますが
おそらくこの流行は数年にわたると予想されているので
長期戦を前提に
戦略的な対応が必要だと考えます。

そんなこんなで飛行機のなかで
偶然に隣り合った知人と
首をかしげながらも
「こんなにすいているならビジネスに座らせてくれればいいのに」
と文句を言いながらやってきたのでした。

参考
CDC H1N1 Flu(Swine flu)
WHO Influenza A(H1N1)


haruhicomをフォローしましょう

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。