バイオベンチャー創業記 豚インフルエンザに感染しても働くか

スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


haruhicomをフォローしましょう

豚インフルエンザに感染しても働くか

  • 2009/04/27(月) 06:06:05

現在アメリカにいるが
豚インフルエンザ(swine flu)がにわかに騒がしい。
今日はメキシコで81人が死亡したことがニュース伝えられた。
アメリカではまだ死者は出ていないが
メキシコと隣接するカリフォルニアとテキサスで感染が確認されており
拡大の様相を示している。

アメリカではCDC(Centers for Disease Control and Prevention)を中心に
対策が議論されているが
危機レベルは6段階の3に据え置かれたが
いつ4に進んでもおかしくないと考えられているようだ。

豚からヒトへの感染だけの場合は
豚への接触を控えることや
感染したヒトを治療すればいいが
大流行するための条件は
ヒトからヒトへの感染力が見出されることで
こうなるとパンデミック(大流行)へと進展する。

pig

歴史的に人類はスペイン風邪をはじめとする新しいウイルスに何度も遭遇しており
そのたびに多くの命を失ってきた。

参考:世界の流行年表(中外製薬)

インフルエンザウイルスは抗原性の違いにより、A型、B型、C型に分類されるが
パンデミックをおこすのは今回のA型である。
スペインかぜの際も世界の50%が感染し
25%が発症したというから
現代のような高度に交通が複雑化した社会では
流行り始めたらおそらく封じ込めは困難なんではないかと思う。

現在人類はタミフルリレンザなどの
抗インフルエンザ薬をもっているわけだが
忍び寄る巨大な敵に
武装して待ち構える不安な心持である。


ちなみに近々に飛行機に乗るわけだが
一人でも感染者が飛行機にいると
検疫法に基づき10日間拘束されるらしい。
大変だと会社のメンバーと話をしていたら

「コンピューター持っていってくださいね。」

と。
隔離中も働かせる気らしい。
コンピュータにも感染する豚インフルエンザはないものか。


haruhicomをフォローしましょう

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。