バイオベンチャー創業記 嬉しい限り

スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


haruhicomをフォローしましょう

嬉しい限り

  • 2009/04/25(土) 06:47:47

毎年1回、合計2日間ほど早稲田の理工学部大学院で
授業のお手伝いをさせていただいている。
学期全体で大学の先生と
外部の講師数人でロジェクトマネジメントについて話をするのであるが
私が担当する回では理論ではなく実践に主眼をおいて
話をさせていただいている。

2006年が初回だったのであるが
その時には学生さんのいくつかのプロジェクトについて
レビューをする機会を持たせていただいた。

その中に昨日の日経バイオテクオンラインに掲載されている

早大発のイービーエム、バイパス手術の訓練シュミレーターを販売中

の朴さんがいて
記憶に残っている。

非常に講義にも熱心で
その時から本当にベンチャーをやりたいと
言われていて
正直玉石混合な印象だった生徒の中でも
ガッツあるなーと感じたのを覚えている。

講義の前から強い起業志向を持たれていたので
私の講義がお役に立ったとは思わないが
そうやって頑張る人が出てくるのは
きっと教育者の醍醐味なんだと
少しだけわかったような気がした。

研究室の梅津先生も
S先生、K先生をはじめとする学科の先生も
さぞかし誇りに思っていることであろう。

若い人たちに負けないように
私たちも頑張らなくてはいけない。


haruhicomをフォローしましょう

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。