バイオベンチャー創業記 規制は日本のためならず

スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


haruhicomをフォローしましょう

規制は日本のためならず

  • 2010/01/01(金) 00:00:01

あけましておめでとうございます。

日本は政権が変わって
結局バタバタしたまま年を跨ぎ
いまだ方向感が見えないままのように思います。

リーダーシップの欠如が
国家にかくも大きな混乱を招くというのは
戒めとしなければならない話だと思っています。

深刻な経済状況は雇用にも大きな影を落とし
派遣村で話題になった去年よりも
状況は悪化しているのではないかと思います。

ただこの派遣とか格差といった雇用に関する議論は
現在誤った論点に従ってなされているのではないかと思っています。
例えば格差の問題は先進国に共通の問題であり
新政権のプロパガンダの1つとして
諸悪の根源のようにやり玉に挙げられている前々々政権の推進した規制緩和は
景気悪化の原因ではないと考えます。

先進国は先進国であるがゆえに
高付加価値を維持できる先端的な部分と
後続の途上国との競争に順次さらされていく部分ができ
差別化ができない部分は国外との間で平準化する低賃金にさらされるはずです。
それは結果的に格差となって見えることになります。

ここで決して国がしてはならないのは
規制を強めることによって弱者を保護するあまり
強者を貶めるような政策をとることで
それは強者をも弱者に変え
結果的に強者すらも生み出せない国になってしまうと思います。
規制は弱者が強者から身を守る戦略の1つであって
強者にとっては緩和が取るべき戦略であるはずです。

雇用に関する規制の議論にしても
本質的な問題は雇用の収縮にあるのであって
派遣法などは収縮した雇用を誰に転嫁するかという誤った議論です。

景気に波がある限り
雇用は伸縮しますし
産業革新がおこれば
求められる雇用の質は変化します。
雇用が硬直的であれば
リスクをあらかじめ織り込んだ採用や報酬体系を考えねばならず
さらにはリスクを低減できる国外への雇用移転のドライバになります。
最悪のケースの場合にはもっと大きなリストラや
企業の破たんにより、より大きな雇用が失われたりする可能性もあるはずです。
かつて日本でしか手に入らなかった高度で勤勉な労働力は
もはや専売特許どころか
下手をするとアジアの他の国のほうがクオリティが高かったりします。

行わなければならないのは雇用を増やすことであり
差別化できる労働力の質を高めることだと思うのです。
ハローワークを増やすのに予算を使うのは
噴飯ものの対策だと言えるでしょう。

さて少し身近なところでバイオの雇用について考えてみると
これには2つの雇用問題があるように思います。

1つ目は雇用の国外流出です。
ICHによって承認審査の国際化がもたらしたものは
海外治験のさらなる加速で
PoCおよびPivotal試験の海外での実施だと思います。
誰もがそう思うように、そして多くの製薬企業もそうしているように
臨床試験の現在のセオリーは欧米治験+ブリッジングでしょう。
試験を実施、審査する国への適合を図ろうとすれば
これは臨床試験をする製薬企業のみならず
その周辺のCROやCMOといった産業も
その考え方、事例、言語への対応を考える必要があり
結果的に雇用は治験実施国に発生するでしょうし
一旦そこに経験が蓄積されると
経験を求めて新たな雇用が生まれます。
ただ誤解のないように書いておくと
ICHは避けては通れない道であって
むしろ肯定する立場にあるということです。

また雇用の流出は研究機能においても起こっています。
ご存じのとおり次々と海外の製薬会社の研究所が撤退して
日本が差別化できると思っていた研究機能は
間接的に中国に移転しているように見えます。
研究は別に日本人だけにできることではなく
十分に教育を受けて知識を統合する能力を身につけ
情報とリソースへのアクセスがあれば
おおよそ脳みそのついている人種であればどの人種でも可能です。
最も多くの情報が記録される英語に精通し
勤勉さとチャレンジ精神があれば
より効率は高まるはずです。
日本にとっては戦略がないままであれば
地盤沈下は進行し続けることになるでしょう。

一方でもう1つの問題は被雇用層の限定です。
この業界を構成する人材は恐ろしく高学歴で
PhDは当然で、下手をするとそれにMDやMBAあるいはその両方を持っています。
ITもおそらく構造的には同じでしょうが
バイオ産業の特徴は高度に教育された人材を必要として
自動車産業のようにいわゆる労働者層をほとんど必要としません。
自動車産業が衰退してしまったときに
それらの代わりになり得るような
1千万人の雇用を生み出す産業ではないのは事実です。
もちろんこれらの産業が限定された雇用層でも豊かにできれば
副次的にサービス産業など他の産業も豊かになるのも事実です。
でも何らかの統合的な戦略がなければ
国全体に雇用の恩恵がいきわたるようにはできないでしょう。

私には解決策はまだ思い当たりませんが
ただ先にも議論した通り
日本のような国の雇用は
もはや全体の平準的な引き上げができるような構造になく
あくまでも差別化できる強い部分を少しずつ作って
間接的に国全体が豊かになる方向にしか道はなく
平準化のための規制は
結局全体の敗北になってしまうと危惧します。


haruhicomをフォローしましょう

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。