バイオベンチャー創業記 Reverse Merger祭り

スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


haruhicomをフォローしましょう

Reverse Merger祭り

  • 2008/11/21(金) 00:00:01

BioWorld Todayによると
340を超えるバイオテック企業の株価は$1を割り
88の会社がdelist(上場廃止)の危機にあるという。
直近でもAtheroGenics(ここはそもそもChap11)やNeose Technologiesなどが
上場廃止になっている。
株価が下がっているのは
もはや世界的な潮流らしい。

Aptamerで有名なArchemix
NitroMedという公開企業をReverse Merger(逆上場)することを発表した。
未公開ながら勢いに乗るArchemixが
株価のさえないNitroMedを飲み込んだというカッコウだ。
NTMD


実はreverse mergerは今年すでにいくつかある。
ChromaDex™ Completes Reverse Merger
Arno Therapeutics, Inc. Completes $18 Million Financing and Reverse Merger
NitroMedのように時価総額が$10Mぐらいになると
上場前でスタックしている企業にとっては
プレミアムを払ってもまだ魅力がある。
また大体の場合は公募とセットで買収となり
資金調達を行う場合が多い。

またReverse mergerとは違うが
株価の落ち込んだ公開企業のパイプラインを
製薬企業がライセンスではなく
買収によって手に入れるケースも出ており
直近でもgskが Genelabs Technologiesを買収しているが
Genelabsの株価は悲惨になっていたので
でっかいプレミアムをgskは払ったが
それでもgskにとっては安かったはずだ。
GNLB


日本ではReverse Mergerは裏口上場とも言われ
取引所には好ましくないとされている
LTTの一件などが
それ自体が悪かったわけではないのに
余計なnegativeな印象をあたえてしまった。

しかしながら手法としては
reverse mergerは正当であり
双方の株主の相互の利益が満たされる場合においては
認められて然るべきだと思う。

一方で先にも書いたが
テクニカルな問題以外にも障害が多いのも事実で
そういったことを一つ一つ潰していかなければならない。
でもその労力を厭わない人には
果実があるのも事実だと思う。


追伸

と昨日の夜書いたら
日本企業(?)の逆上場も
今日のニュースになっていました。
ひょんなことで少し前にこの会社のことを知りましたが
上場は14日ですから
ちょっと古いニュースかな。


haruhicomをフォローしましょう

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。