バイオベンチャー創業記 仇討御免

スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


haruhicomをフォローしましょう

仇討御免

  • 2008/06/12(木) 23:59:59

先日の秋葉原の事件のように凄惨な事件は
決してあってはならないことだと思います。
私が危惧するのは
犯人が心神喪失の状態にあったという理由で
無罪放免になる可能性がある点で
どんなに病的な理由による犯行であったとしても
それを繰り返す可能性がある犯人を
再び市井に送り出すことには強い抵抗を感じます。

もし自分が仮に被害者の親だったとしたら
あのような非合理的な犯人による
非合理的な殺人を赦すことができるかと
問いかけてみると
法的なものを超えて
裁きを求める感情がある気がします。

タイトルは忘れましたが、
ずいぶん前に坂本龍一と誰かの対談本があって
子供が殺されたら仇討しますかという質問に対して
僕はやりますよみたいな話を読んだ記憶があります。

日本には古くから仇討の習慣があって
 曾我兄弟の仇討ち
 赤穂浪士の討ち入り
 荒木又衛門の鍵屋の辻の決闘
なんかは日本三大仇討として
いろいんな読み物にも登場することになっています。
そんな仇討の習慣を「よくやった」と褒める土壌にあると思います。
実際に江戸時代には法的に仇討が許されていて
仇討赦免状なるものがあって
これを持って仇討をした場合には
仇を討っても無罪放免となっていました。

これを現代の世の中にそのまま復活させるのは
どうかという気もしますが
被害者の親族の気持ちを思うと
また仇討制度は復活させてもいいのではないかと
思ってしまうのでした。


haruhicomをフォローしましょう

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。