バイオベンチャー創業記 バイオテックの株価が動く時

スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


haruhicomをフォローしましょう

バイオテックの株価が動く時

  • 2008/05/19(月) 00:00:01

ASCO(米国癌学会)は癌関連の学会としては最大の学会であり
バイオテック業界にとっても最大級の学会の1つである。
当然投資家にとっても最大の興味の1つであり
その結果如何で株価が動く。

そもそも会社側もどの学会でどの臨床試験の成果を報告するか
あらかじめ主要マイルストーンの1つとして公表しており
会社側、投資家もそのハンドリング、分析には大きな注意を払っている。

では株価がいつから反応し始めるかというと
2つ大きな山があり、
1つは実際の発表。
もう一つはAbstractの公開である。
その領域に興味のある投資家も当然学会に登録をしており
アブストラクトが配布されるとこれを先を競って読み込む。
エンドポイントは達成されたのか
何かネガティブなサインは出ていないか
売るなら誰よりも早く売り抜けたいと思っているから
当然のことである。

さらには一部のうわさではあるが
学会主催者側でAbstractのレビューをする先生に
ネットワークを持っている投資家も多いので
Abstractを提出した段階で
そこからリークが始まるという話もある。
Abstractの締切直後というのも
じつは闇のポイントであるということである。

今年もASCOは5月30日からシカゴで開催されるが
それに先立ってAbstractsがオープンになった
注目企業の報告は果たしてどうだろう??


haruhicomをフォローしましょう

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。