バイオベンチャー創業記 進化していた自転車

スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


haruhicomをフォローしましょう

進化していた自転車

  • 2008/02/25(月) 00:00:01

最近では自転車を町乗りするのが流行ってきて
メールの自転車便なども
街中でよく見かけるようになりました。
ツール・ド・フランスなどの自転車レースで
アメリカ人のLance Armstrongが連勝したことで
かなり自転車野郎(およびお嬢さん)を見かけるようになりました。

今見る自転車は
「スマート」とか「エコ」、「健康的」というキーワードが当てはまるような
スタイリッシュな乗り物として扱われています。
messenger


自転車も年々進化を遂げて
ギアシステムなども
ずいぶん操作性も、機能性も向上したと思います。
しかし私の記憶の中では
自転車は一時期違う方向に異常に進化した時代があったのです。


私が小学校だったときに
それが訪れています。

youngway2
(伝説のヤングスター!!)

当時の自転車はかなり画期的でした。
リトラクタブルライトといって
隠れていたライトが電動で立ち上がったり
ディスクブレーキが着いていたり
またウィンカーが着いていたりしたのです。

retlight

diskbrake


まるで車並みの装備です。

価格が凄くて
当時でも5-6万円していましたから
いまでは10万円に相当するぐらいの代物です。


当時はこれがとても欲しかったのですが
非常に高いこともあり
当然買ってもらえませんでした。

その後すぐにブームは過ぎ去り
普通のロードレーサータイプの

ロードマン(ブリジストン)
カリフォルニアロード(宮田自転車)
roadman
(ロードマン)

が流行るようになり
逆にヤングスターを早まって買ってしまった人たちは
やるせない気持ちであったと思います。

私はといえば
小学校4年生のときに
ミヤタ自転車のNeosportsという自転車を買ってもらい
そして高校入学と同時に
悩んで悩んだ末に
またミヤタ自転車の
カリフォルニアロードという
当時3x6=18段変則+変形ギア

daen
(見てください!この楕円ギア!)

という画期的(と思えた)自転車を購入して
毎日片道6kmの道のりを
高校へとペダルを漕いでいたのでした。


とにかく
恐らく子供の自転車を含めて
あの昭和50年代の驚くべき姿に
自転車が戻ることは無いと思いますが
あの斬新な進化型に自転車があった事を
我々は忘れてはならないと思います。
(冗談です)


haruhicomをフォローしましょう

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

自転車といえば、

僕はその昔、ユーラシアというのにあこがれていました。ブリジストンかな。富士山1周もしたねぇ...

  • 投稿者: 新米社長
  • 2008/02/25(月) 18:20:06
  • [編集]

ユーラシアはブリジストンですね。
アレは名機です。

ちなみに私は
未だにシマノのSTIギアを見ると
よだれが出ます。

  • 投稿者: はる
  • 2008/02/26(火) 13:27:32
  • [編集]

全然次元が違う話ですが、うちの息子は日本で買ったMiyataのシンプルな3段変速に乗っていました。それが数年前に妹の手に渡り、娘はミャータと呼んでけっこう気に入っているようです(笑)。日本の自転車はけっこうcoolだと思います。

  • 投稿者: Akama
  • 2008/02/27(水) 15:15:01
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。