バイオベンチャー創業記 いよいよ

スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


haruhicomをフォローしましょう

いよいよ

  • 2008/02/05(火) 20:57:36

スーパーチューズデーがやってきました。

CNN:選挙特集

カリフォルニア、NYなどの大票田を含む20以上の週で
予備選が行われるアメリカにとって
候補者にとって運命の日です。

一昨日のスーパーボールとならんで
(なぜかSBもそれぐらい盛り上がる)
アメリカの一大イベントです。

民主党も共和党も混戦の模様で
民主党は序盤にリードをしていたクリントン議員
オバマ議員に猛追を受けて
明日のふたを開けてみるまで
誰が勝つのか分からないといわれています。

共和党もマケイン議員ロムニー議員が接戦で
こちらの明日の結果は
命運を決することになりそうです。

私から見ると
少しお祭りがかっているようにも見えますが
これだけ人々の関心が高いことは
すごくいいことだとも思います。

それにしてもドえらい選挙費用がかかるようで
有力議員になるとすでに100億円以上も集めています。
誰が最も効率よく選挙戦を戦っているかというと
共和党と民主党はシステムが違うので直接比べられませんが
有力候補として残っている中では
民主党ではクリントン氏
共和党ではハッカビー氏
あるいはもっと絞るとマケイン氏ではないかと思います。
接戦をしているロムニー氏が
100億円ぐらいを使っているのに対して
半分の50億円で同じぐらいの得票ですから
支出対得票で最も高い効果を上げています。

一方で最も効率が悪かったのが
元NY州知事のジュリアーニ氏
既にギブアップした候補の中で最大の$48M(55億円ぐらい)を使っています。

effciency
(色つきの字の人はまだ選挙継続を表明している人)

ちなみに負けた人の中に
まだ資金の余っている人がいるので
当社に投資してもらえないか聞きにいこうと思っています。


haruhicomをフォローしましょう

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。