バイオベンチャー創業記 落合采配考

スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


haruhicomをフォローしましょう

落合采配考

  • 2007/11/03(土) 12:45:21

先日中日の日本シリーズ優勝の喜びをおつたえしましたが
9回の投手起用に関して落合監督に批判があるが
私はあれでいいと思っている。
実際にはまめが原因で代えているということが明らかになったが

確かに日本シリーズ初の完全試合を逃したことは残念で
大記録を見たいきがしたのも事実である。

ただ落合が試合後のインタビューで
「今日は山井にどんな声をかけてあげますか?」
と聞かれて
「山井だけでなくみんなに声をかけてやりたいと思います」
と答えたように
野球は控えも含めて全員でやっているのがあるべき認識だと思う。

確かに投手に負う部分が大きいのは事実であるが
完全試合の裏にあるのは
バックで守っている選手もいるし
ギリギリで行っても中継ぎと抑えがいるという安心感で
投げられている部分もあるはずだ。
ペナント中もブルペンに助けてもらったことは数知れず
今日は調子がいいので自分でやらせてくださいというのは
ある意味虫のいい話である。

私はむしろシーズン中と同様に
先発投手と抑えの岩瀬という勝ちパターンで
二人であるいはチーム全体で完全試合をしたことの方が
より重要な意義があると思っている。
実際に周囲の落合批判がある中で
交代させられた山井自身が一番状況を理解していて
まったく気にしていないと
直後にコメントしている。

したがって「非情である」という落合采配批判は
野球がチームで戦っているということを
全く理解していない見当違いな批判であると思う。
リーダーは一般の人よりももっと高次の決断を
常に迫られているのだと思う。


haruhicomをフォローしましょう

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。