バイオベンチャー創業記 ブランドの力

スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


haruhicomをフォローしましょう

ブランドの力

  • 2007/10/08(月) 15:18:44

故あって今ロンドンです。


ここへやってくるのに当初直接日本から向かうことを計画したのですが
他の用事の都合で

 日本→アメリカ→ロンドン→???→ロンドン→アメリカ→日本

というあほみたいな日程になってしまいました。



もう一つの理由は航空運賃で
当初

 日本→ロンドン→???→ロンドン→アメリカ→日本

という世界一周コースで取ろうとしたら
10日以上なら世界一周チケットで30万円
それ以内の日程だとエコノミーで70万円!といわれて
こりゃコスト的にもちょっとねということになりました。
で、先のコースにするとなんと20万円台になりました。
とにかく日本からのヨーロッパ便はぼったくりのように高いです。



今回アメリカからロンドンはヴァージン・アトランティックです。
当社の私以上に「シブチン」な取締役が
アメリカからのヨーロッパ便が安くなったのは
ヴァージンが入ってきてからだと言っていました。
あと、ひと月前にこの本↓を読んだのもきっかけです。


これはヴァージングループ総裁のリチャード・ブランソン氏の自叙伝ですが
ヴァージン・レコード(ショップ)から始まって
音楽制作会社
ついには航空会社に至るまで
ハチャメチャな一代記です。


イギリスでもヴァージンというのは
イケてるブランドですが
乗ってみるとフライトもなかなかイケています。


機材はボーイングなので他と変わらないのですが
シートはヴァージンのグループカラーである赤と紫に統一されて
またシートテレビやコントローラーは少しカッコいいアレンジがされています。
このフライトはなかなか勉強になりました。
instruct

insturc2


instr



Virgin


シートTVプログラムにはトヨタのレクサスのCMが入っていたり
あとエコノミーでも洗面セットが入っていたりするのですが
上手いことにスポンサーを入れて
多分ヴァージンにとってもタダより安く上がっていると思います。
brush



またスタッフも小奇麗で少しカッコいいアテンダントが多く
アメリカのUのつくどこぞやの航空会社とはだいぶ違います。
また接客態度もなかなか良くて
日本の航空会社まで「丁寧」ではないですが
全くやな感じはしません。
なんというかヴァージンのメンバーであることに
ちょっと誇りを感じているというか
一員であるからその顔でもあることを理解しているという感じです。



つまりブランドに対する共感のようなものを
社員や顧客やスポンサーに上手に構築できているので
コストをうまく下げられたりすることをはじめとして
あらゆることがプラスに回っているのです。


haruhicomをフォローしましょう

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。