バイオベンチャー創業記 サブプライム

スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


haruhicomをフォローしましょう

サブプライム

  • 2007/08/31(金) 18:42:30

少し前から巷をにぎわすキーワードですね。

現在サブプライムだけが問題視されていますが
「プライム」にも問題が本当は波及しているはずだと私は感じています。
なぜなら引き金である住宅価格の上昇率の頭打ちは共通の環境であり
また借り手のポピュレーションというのは
多少の特異点はあるものの
サブプライムからプライムへと基本的に連続だからです。

サブプライムが問題化した背景には
アメリカの住宅の価格上昇が頭打ちになって
住宅およびその値上がり益を担保として融資を受け
ほとんど頭金なしで住宅を購入している購買行動にあります。
これはサブプライムのポピュレーションだけではなく
実際にかつての同僚で住宅投資をしていた人は非常にたくさんいました。
またそれは実需に基づいた居住用不動産への投資だけではなく
遠隔地の土地や家を投資目的で購入していた人も結構います。
住宅価格が頭打ちになったことで
こういったものの一部も明らかに剥げ落ちているはずで
サブプライムがプライムに波及するのも時間の問題だと感じるところがあります。

こうした投資行動を後押ししたのは低金利で調達できる資金で
日本のゼロ(に近い)金利に調達された資金が
キャリーなどを通じて世界中の資金の出し手にベネフィットを与えてきたことは間違いないと思います。
ゼロ金利の場合、高金利の条件に比べて
正当化される投資、融資が多くなり
判断が甘くなることが多いはずです。
特に証券化されてゼロサムではないように加工されたリスクの場合
ゼロ金利で調達した資金の投資先としては極めて魅力的に見えてしまうと考えます。
しかも借りて海外投資をすればするほど外貨を買うことになり
円安誘導に向かい、返済する円貨は減少するという魔法までついてしまいます。
ただこうしたスパイラルはいったん崩れると逆向きのスパイラルになり
どこまでもどこまでも落ちていくことになります。

昨日、日銀の水野審議委員の会見がありましたが
金利の正常化は喫緊の課題だと思います。
ここまでグローバル化した世の中で
この国で借りると安くて、この国で借りると高いというのは変な話です。
日本でも東京と神奈川の県境をまたいでも
金利は変わらないですよね。
まだ経済域の障壁は残っているのは事実ですが
それは下がる方向の向かうのは自明だと思うのです。

バイオベンチャーが1社久しぶりに今日上場したことも重要ですが
サブプライム問題がプライムなど他に波及する前に火が消し止められるのか
それともカタストロフィーへと向かうのか
その方が私は気になるところです。


haruhicomをフォローしましょう

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。