バイオベンチャー創業記 自転車の思い出

スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


haruhicomをフォローしましょう

自転車の思い出

  • 2007/06/06(水) 01:01:01

実は月曜日から筋肉痛が続いている。
これには理由がある。

娘の誕生日が近いので先週末にトイザらスにいった。
少し前からのリクエストでキックボードを買いに行った。

kkbd


娘は早々にコレといって目的のものを決め
(よりによってサス付きの一番高いやつ)
一輪車やほかのおもちゃで遊び始めた。

トイザらスに詳しい人ならわかると思うが
その一輪車のコーナーからは自転車のコーナーが見える。
娘はすすすっと自転車のコーナーに進んで
うらやましげに自転車を眺め始めた。

彼女が今乗っている自転車は幼稚園に入ったころに買ったもので
3年落ちになる。
初めて自転車に乗れるようになったり
初めて補助なしで走れるようになったり
思い出深い自転車ではあるが
さすがに3年間のガタが来ていて
また錆びたりして少しみすぼらしくなっていた。
小学校に入ったということで
周りの子供も自転車を新調した子が多く
少しそれが引け目に感じているのを知っていた。
ただ身長が今ぐんぐん伸びていることもあり
今買ったらまた2年後には体に小さい自転車になっちゃうのではないかと思い
買うのを控えていた。

思い返すと
僕の最初の自転車はいとこのお下がりであった。
遠方のおじいちゃんのうちにあったのを
電車でおくってもらった。
それでもなんとか乗りたくて
幼稚園の園庭で一生懸命練習した。

高円寺の自転車屋さんで
新品の自転車を買ってもらったその日のことは
今でも忘れない。
青いフレームの自転車だった。
当時の僕には本当に大きく見えたが
今思えばそれこそ16インチとか18インチのものだっただろう。
そのころの自転車のブレーキは
今のように動作を伝えるのはワイヤーではなくて
ブレーキの握りを鉄の棒がタイヤを挟むパッドに伝えていた。
今のようにスマートなシステムではないので
よく壊れてしょっちゅう調整や修理をしなければならなかったが
「自分の自転車」という響きは格別で
乗らない時も自転車を繁々と眺めていたものだった。

さて、娘もあまりしげしげと自転車を眺めているので
「キックボードをやめて自転車にするか?」
と聞くと
「うん!」
と答えた。

まあいいか、少しだけ高くなるけど。
子供の自転車なので
僕がかつて持っていたロードレーサーに比べれば全然安く
また僕の飲み代に比べたって全然安いものである。
これで得られる彼女の満足感に比べれば
かなり高いコストパフォーマンスである。

あーでもない、こーでもないと迷った挙句
オレンジ色の22インチの自転車と相成った。
ここで1つ問題が起こった。
当然配送だろうと思って聞くと
1800円の配送料はいいとして
3日かかるのだそうだ。
下の子も一緒に出かけていたので
我がチームにはベビーカーもある。
なんだか結末が見え始めたぞと思っていると
予想通り娘は
「今日中出ないといやだ」
と言い始めた。
「運んでもらうと今日は無理なんだ
どうせ今日はもう乗らないだろ」
と説得にかかったのだが、
「どうしても今日必要。それなら乗って帰る」
と言い出した。
我が家はそのトイザらスからは駅3つ
距離にして5kmはある。

おいおい

すぐに役割分担がどうなるか理解した。
家内は息子を連れて電車で帰る。
そして?
そうね僕が伴走するわけね。
しかもそこにとどめをさすように
おむつがかさばるのでベビーカーとは一緒に運べないという人が

かくして私はおむつを小脇に抱えて
靖国通りを娘の自転車を追って走る係に任命された。
はっきりいってものすごくカッコいい。
どうか知り合いに会いませんようにと祈りながら走り始めた。

日曜日はこれがまた暑い日で
汗をだらだら流しながら
日ごろまったく運動しなくなった体を引きずって
私は走った。
メロスのように激走した。
馬券を買いに来る錦糸町WINDSの前を
屋形船がゆったりとその下を進む両国橋の上を
そしてそう、今日は筋肉痛なのである。

でも自転車が本当に素敵なものだったという自分の記憶が
これはしょうがないかと言っている。

bike


haruhicomをフォローしましょう

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

一輪車の1日

一輪車のスタンドとはいえ、もう少し丈夫なものがいいですが、値段に見合った商品と思います。・一輪車・強制バトン・初グリーンシーズン・まとめ・社交ダンス・登園の朝・ 通勤自転車作成中というよりは・・・原動機付き自転車・ 自転車から一輪車へ・乗り心地に優れい

  • From: 自転車のレビュー |
  • 2007/08/17(金) 02:32:52

-

管理人の承認後に表示されます

  • From: |
  • 2007/08/01(水) 08:04:33

この記事に対するコメント

カッコいいお父さん

私もよくかっこいいお父さん役を、不本意ながらもさせられています(笑)

  • 投稿者: 浦東で働く起業家
  • 2007/06/06(水) 11:53:52
  • [編集]

普段まったくと言っていいほどに
協力的でないので
こういうことになるとしわ寄せが一気に押し寄せます。
お互いにつらいですね。

  • 投稿者: はる
  • 2007/06/06(水) 20:26:29
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。