バイオベンチャー創業記 あなたならどうする?

スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


haruhicomをフォローしましょう

あなたならどうする?

  • 2007/05/31(木) 21:59:59

Biogen IDECがUS$3Bの自社株買いを発表しました。
"Dutch Auction"形式で約57百万株を買い戻します。
発行済み株式の16%に相当するというかなりのボリュームです。

biib


Biogen IDEC(BIIB)には3500億円のよりよい使い道がないというのはショックです。
自社株買いをするというのは
他社を買収したり、新規パイプラインを購入する機会など
株価を上げるほかの手段がある中で
最も効率的に株価を上げられるのが
自社株買い(消却)だと判断したということです。

自分たちの成長力に自信があるという見方もある一方で
それを上回るような成長機会が
今のバイオ業界には転がっていない彼らが思っているとも取れます。
そこに身を置く身としてはすこし残念な気がします。

BIIBは$2.5Bを現在Cashで保有しているそうですが
これに来四半期の利益である$700Mを加えて$3Bのソースとするそうです。
実際には約半分をデットで調達することになるそうです。

もう1つの狙いはMedImmuneがAstraZenecaに買われるのを見て
自分たちもターゲットにならないような対策だとも考えられます。
(そうだと思いたい)
余分なキャッシュを持っているとその確率は高まりますので
とっとと使おうというのが趣旨だと思います。
RituxanやTysabriで稼いだお金が唸っていましたからね。

さてあなたなら3600億円あったらどうしますか?



ちなみに以下余談です。

オークションの形式として使われる"Dutch Auction"ですが
これは売り手が天井値を設定して
順番に値段を下げていきます。
買い手は欲しいところで欲しいボリュームを購入して
残りがなくなったところで競りはおしまいになります。
古くはそれこそ名前の通りにオランダのチューリップの競りに使われていて
最近ではGoogleのIPOで使われたことで有名です。

対照にあるのはEnglish Auctionで
一般的な「最も高い価格をつけた人に売る」という方式です。
YahooオークションはこのEnglishタイプのなかで
"Second-price auction"を採用していて
1番高い価格を付けた人が
2番目に高い価格を付けた人の価格で購入する方式です。
First-price auctionだと馬鹿みたいに値段が高騰することもあり得ますが
Second-price auctionなら理論値により近づくというメリットがあります。

詳しいことはこちらをどうぞ
Wikipedia

今回のBiogen IDECの場合
最安値を現在の取引価格に近いボトムを$47に設定して
最高値を$53に設定しています。
Biogen IDECはなるべく安く買いたいですから
安い価格を提示した売り手から順番に買っていって
約57百万株に達したところでクローズとなります。
参考まで。


haruhicomをフォローしましょう

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。