バイオベンチャー創業記 Web2.0とe-BioBiz.com

スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


haruhicomをフォローしましょう

Web2.0とe-BioBiz.com

  • 2006/03/23(木) 01:35:33

Web2.0というインターネットに関する新しい概念が最近議論されている。

ITについての専門家ではないので素人的に解釈すると
これまでにWeb1.0の静的な
あるいは1.5の時代に実現されたダイナミックな
しかしスタンドアローンな環境で
それぞれのサイトが提供してきたコトに対して、
いろいろなサイトあるいはコンテンツの間で
共鳴、共振する
インターネットの本来のネットワークとして「力」を
追求するムーブメントであると理解している。

インターネットが力を発揮するのは
リアルワールドで起こりうることを
時間的、空間的なひずみをかなり歪めて再現できるからであり
例えば、東京とニューヨーク間のトランザクションを
システムを介在させることでシームレスに行うことができたりする。
ワープ
そう考えるとこのWeb2.0というのは実は
リアルワールドで起こっているより高度な
人間のコミュニケーションをWebに落とし込むプロセスであると考えられ、
例えばGREEやMixiなどのSNSは
それまでの匿名性の高いネットでのコミュニケーションに
背景情報をその人の「ネッ友」の裏づけをすることで
血の通ったコミュニケーションの
ネットへの落とし込みに成功しているように感じる。

これはおそらくビジネスでのネット利用にも同じことが起こる。
これまでに
「そんなものはやっぱり面と向かい合わなきゃ始まらない」
「Webじゃ相手の顔がみえないからねー」
「仕事は人的ネットワークよ」
とネットに対して繰り返される否定的な問題提起への
チャレンジを可能にするものであると考える。
意外にワークプロセスというものは
システムへの落とし込みが可能になるものである。
「そんなものネットじゃ無理だよ」
なんて固定概念に囚われていては
気がついたころには他者が先行して
追いつけなくなっていたりする恐れがある。

我々はe-BioBiz.comのサービス開始を目前にこう考える。
徹底的にこれまでのサービスのあり方のよかった点と
悪かった点を洗い出そう。
そして本当に便利なサービスを提供しよう。
それがきっと自分たちそしてユーザーの将来のためになるから。

そしてそのためには皆さんの声が頼りである。

by H


haruhicomをフォローしましょう

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。