バイオベンチャー創業記 成長の場

スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


haruhicomをフォローしましょう

成長の場

  • 2007/05/19(土) 00:37:01

機会があって、
昔の職場での旧交を温めることができた。
中には数年来で話をすることができた人もいた。


私は大学の研究以来非常についていて
一部の例外を除いて非常に良いボスと
非常に良い同僚に恵まれてきた。


いつも最高の環境が私の周りにあって
おかげでいろいろチャレンジすることができたし
失敗してもボスの庇護の下に助かったし
また同僚にいろいろ学ぶところがあった。
今の自分はその経験抜きには語れない。


そういった機会を求めて何度か仕事を変わったが
変わったタイミングは今までのところ絶妙で
私がやったのはその変化のタイミングと方向性の選択だけあるが
それだけは自分でも慧眼というより他にないと思っている。


しかし気がつけば30代も後半になり
自分が入社した当時にすごいなと思った先輩と同じ年代になり
これまでは自分の意見を勝手にぶつけたり
不平不満を言う立場であったが
今はリーダーシップをもって良い環境を作ったり
吹いていたアイディアを
実現しなければならない立場になっていまった。


今日のメンバーもそれぞれに立場が異なってはいるが
共通してあるのはリーダーとしての自覚だと思う。
もはや「会社がさー馬鹿だから」とか言う立場ではなく
「俺が会社を面白くしてやる」
ぐらいの気持ちが必要なんだと思う。
私たちが自分が成長できない場に居たくないように
自分のメンバーだって自分が成長できない場には居たくないだろう。
そういう場をいかに作っていくかまで
思案を廻らなさなければならない立場になったのだと思う。

「ひとつここはがんばってみようよ」
と誓い合ってお開きになりました。
きっと来年その職場はもう少し面白くなっている。
間違いない。


私事ではあるが
もうひとつすごく重要な人と
久しぶりに話をすることが今日できた。
近況を交換して、とても素晴らしい話を聞けた。
今日はとても充実した日だった。


haruhicomをフォローしましょう

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。