バイオベンチャー創業記 The Inner Life of the Cell

スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


haruhicomをフォローしましょう

The Inner Life of the Cell

  • 2007/04/15(日) 20:57:58

これ絶対におすすめ


音楽つきの3分バージョン



説明つきの8分バージョン


自分の頭の中で描いていた細胞やタンパクの動く様子が
まさに動画化されたような感じ。

なつかしいな「セレクチンがー」とかいっていた時期もあるし。


出展はHavard大で、XVIVOというCGアニメーション会社が、学生向けの映像資料用として共同制作したそうです。

こちらのHarvardのサイトもどうぞ。
他にも教育アニメーションがいくつかあります。


haruhicomをフォローしましょう

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

はじめまして。お仕事のリサーチ中、偶然ここに辿り着いた在宅ワーカー兼主婦です。小学生のような感想しか申し上げられないシロウトで残念なのですが、とにかくこんなことが私の体のいたるところで起きているなんてホントに人間の体って不思議です・・。こんなことが起こっているということに、気がつく人間の脳も不思議です・・。人間の脳が気づかない、気づくことのない、人間の脳の働きもあるのでしょうか・・。ちょっと話がずれてしまいました。しかし、こんなに鮮明にとんでもなく小さな世界を映像にするってことも「凄いな」と思ってしまいます。本当に情けないコメントですみません。けれど、しばし見入ってしまいました。こんな面白いものを紹介して下さってありがとうございます。私は現在41歳ですが、脳細胞だけでも若返ることができれば、今から大学に入って、分子のお勉強がしたいところなのですが。

  • 投稿者: mon
  • 2007/04/17(火) 12:47:36
  • [編集]

コメント有難うございます。

日ごろは私たちは体のマクロな機能あるいはその結果だけを見ていますが
ミクロな部分においては無数のこういった活動がそれを支えている訳で
こうしてキーボードをたたいている間にも
そういう活動がミクロなレベルではあると思うと
非常に感慨深いものがありますね。

加えて我々が「心」と呼んでいるものの
少なくとも一部もこのミクロな物理学的な作用だというのは
非常に不思議な感じがします。
この辺のことは今はまだ理解されていませんが
そのうちもう少し分かるようになるのでしょうね。

  • 投稿者: はる
  • 2007/04/17(火) 21:45:32
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。