バイオベンチャー創業記 無題

スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


haruhicomをフォローしましょう

無題

  • 2007/04/13(金) 23:58:01

先日、昔のコンサルティングファーム時代の同僚と飲みに行く機会がありました。

人間そう簡単に変わるものではありませんが
時間とともに多少経験を積んだ分
少しだけみんな頼もしくなっているのでした。

コンサルティングファームの場合
ずーっといようという人はほとんどいないので
あの人はどこに行ったとか
この間あそこの会社に誘われたなんて話が
飲む度に出るのでして
時々誰かに会って確認をしておかないと
音信不通の人が結構出たりします。

そもそもが同じ会社の中にいても
会社として動くことはほとんどなく
プロジェクトごとに働いているので
会社のために働くという意識がまるでない
変な組織だったりして
同じ会社の中にいても
「最近あの人見ないね」
「オンサイト(クライアント先で仕事をすること)らしいよ」
なんて感じで音信不通になったりします。

会社のために働く意識がないと書きましたが
この傾向は特にパートナー以外に顕著で
クライアントにチャージするフィーは前もって設定されていて
加えて15%とかいうExpenseという名目でチャージする謎の金額があるのですが
(もともとはコピー代とかタクシー代のはずですが)
これを使い残して会社の利益に貢献しようとする意識はなく
(なぜなら残したところで再配分比率はパートナーに厚いから)
プロジェクトの最後になると
一文残らず使い切るために飲めや食えやになったりします。
(先に飲んで後でお金がなくなる変なチームもありましたが)

立場が変わって経営者になってみると
これはとても由々しき事態で
こういったことが起こらないように
財布をぎっちりしめることと
それ以上に残った時にはみんながハッピーになる仕組みを
ちゃんと作ることが大事だと思うのでした。



ところでその飲み会の帰りです。
帰りに朦朧とする意識の中でタクシーに乗ったのですが
途中で気持ち悪くなっておろしてもらい
家にたどり着くまでの間に3回道で吐きました。

翌朝は眼は覚めたのですが
立ち上がることができず
家族の冷たい視線を感じながら
昼近くまで倒れておりました。

ほうほうの体で会社にたどり着いたのですが
全く仕事にならず、PCの前で寝ていました。
「昼食にいってきます」と「部長」が言うので
「ちょっといけません」と答えると
冷たい「部長」は「もとより聞いていません」
といって一人で出かけて行きました。
一人になったので
床に倒れていたのですが
回復する気配はなく
昼食から戻ってきた「部長」に
「今日はもう帰ってください」と言われて
帰りました。

その日の帳尻を合わせているわけではないですが
今日は土曜日にも関わらず
働いています。


haruhicomをフォローしましょう

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

おつかれさまです

お久しぶりです。しばらく自分のブログを書けずにいますが、人のは読んでいます。

今回は飲み方も倒れ方もすごかったようですが、それをここまで克明に開示してしまうところがもっとすごいですね。

どうぞご無理のないよう。

  • 投稿者: Akama
  • 2007/04/17(火) 04:28:38
  • [編集]

いつまでもビール会社のときの悪い癖が抜けないようで。。。

  • 投稿者: はる
  • 2007/04/17(火) 13:46:33
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。