バイオベンチャー創業記 告知 : [4月20日開催 第36回JBCフォーラム]

スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


haruhicomをフォローしましょう

告知 : [4月20日開催 第36回JBCフォーラム]

  • 2007/04/04(水) 11:30:50

4月20日開催 第36回JBCフォーラム
「企業は研究者に何を求めるか?」
で当社の開発担当執行役員の青柳貞吉開発本部長が
アカデミアと企業の研究の違いについて話をします。

ただし@UC Berkeley(米国カリフォルニア州)です。


開催のお知らせ

日本でのポスドクの数は年々増加し、多くの助手のポストは任期制となり、大学でのポストを得るのが困難になりつつあるこの時代に、職探しに苦しむポスドクは少なくありません。しかし大学や研究所でポストを得る事だけが研究者の進む道ではないはずです。ここベイエリアでは数多くのバイオテック会社が存在し、そこで職を得ることが研究者のキャリア形成の一つの道筋となっています。また、日本でも多くのバイオテック会社がスタートしています。研究のモチベーションが知的好奇心に依ることの多いアカデミア研究に対して、企業研究は何を目標とし、研究者に何を求めるのか?

この疑問に迫るために今回のJBCフォーラムでは、企業とアカデミア研究の双方の事情に明るいカルナバイオサイエンス株式会社社長の吉野公一郎さん、株式会社REGiMMUNE開発本部長の青柳貞吉さんのお二方をお招きして、企業研究とアカデミア研究の違い等を講演して頂きます。さらに講演後の質疑応答を通じて、企業研究の実態を明らかにしていきます。今回のフォーラムは、学生、ポスドクおよびアカデミアの研究者を主な対象としていますが、それ以外の方々の参加もお待ちしています。

なお今回はカリフォルニア大学バークレー校での開催です。お間違えのないように。

第36回JBCフォーラム担当
亀井綾子、小川のぶお、山本大地、春日孝夫(以上バークレー地区)、鶴下直也 


           記

第36回JBCフォーラム「企業は研究者に何を求めるか?」
日時: 4月20日(金) 6:30pm 開場 7:00pm 開始
場所:Koshland Hall, Room#338 UC Berkeley
参加費:$10(食事代含む)
参加登録:下記Formにご記入の上、jbc@j-bio.org までお申し込み下さい。

=============================================
メールタイトル:JBC 4/20/07 Sanka
氏名:
所属:
メールアドレス:
=============================================


haruhicomをフォローしましょう

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。