バイオベンチャー創業記 餃子の街、浜松

スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


haruhicomをフォローしましょう

餃子の街、浜松

  • 2007/04/03(火) 01:00:00

餃子の街といえば宇都宮

というのが結構浸透しているのではないでしょうか。

少し前のテレビで

 実は本当の餃子の街は浜松である

というのをやっていました。
餃子の街というのは
一人あたりの餃子の消費量(金額ベース)で
なんと宇都宮の4倍に相当するというのです。

では何で宇都宮がそんなに広く知られていて
浜松が知られていないかというと
政府のナントカ統計というのがあって
県庁所在地と政令指定都市を対象にしていて
その中で宇都宮がナンバー1であることから
宇都宮は「餃子の街」として
売り込んでいるということなのです。

では何で浜松がそんなに餃子が盛ん(?)かというと
(1)キャベツの大産地である愛知県が近い。
(2)古くから養豚が盛んだった。
(3)自動車、バイク(ホンダ、ヤマハ、スズキ)、楽器(ヤマハ、河合楽器)など大手メーカーがある物づくりの町の伝統から、バイク製造の技術を応用した餃子加工製造機のメーカーも誕生(全国シェア6割を誇る)
ということによるそうだ。

私は小学校から高校時代までをその浜松市で過ごしています。
生まれた土地でもないので
故郷というものには該当しないし
いまは実家も浜松にはないのですが
多少は贔屓にしており
浜松がナンバー1というのは嬉しいことです。

2007年4月1日より浜松は政令指定都市となった。
これで餃子王国の座は浜松移管されることになるのだろうか?

gyouza



■浜松餃子 消費量「日本一」宣言
 「浜松餃子」を通した街づくりに取り組んでいる「浜松餃子学会」が19日、浜松市の「餃子消費量日本一宣言」を行った。浜松市ではかねてからご当地グルメとして「浜松餃子」が知られ、市内には餃子を扱う店が300店以上あるなど消費量は全国でも1、2を争うほど。
 しかし総務省の家計調査では県庁所在地と政令指定都市が対象で浜松市は対象外のため、ライバル・宇都宮市に日本一の座を許してきた。浜松市は去年9月に独自調査を実施した結果、市内1世帯あたりの平均年間消費量が1万9400円と、日本一とされている宇都宮市の4710円を上回ったことが分かった。
 浜松餃子学会では引き続き市長にも応援を要請し学会では今後、政令市版の「餃子マップ」を作るなどさらに「浜松餃子」を売り出していく方針。 (2007/2/19静岡新聞)


haruhicomをフォローしましょう

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

宇都宮の4倍というのは、供給側の要因もあるかもしれないけど、需要サイドの要因もあるのでは。
例えば、浜松市民は何でも包まないと気がすまない気質だとか。
でも、餃子消費量のは何でカウントしているんだろう。やっぱり餃子の皮の枚数の販売枚数でカウントしているんですかね。
そうだとすると浜松の餃子は、普通の餃子の1/4サイズなんてオチはないですよね。と思ったら、金額ベースで4倍でしたね。高級餃子が浜松に存在すると言うことか。

  • 投稿者: わ
  • 2007/04/04(水) 01:03:58
  • [編集]

統計は金額ベースでしているそうです。
だから浜松の餃子が4倍割高だとすると
消費量は同じ計算になります。

  • 投稿者: はる
  • 2007/04/04(水) 10:09:21
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。