バイオベンチャー創業記 Early Bird

スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


haruhicomをフォローしましょう

Early Bird

  • 2007/03/27(火) 17:29:07

アメリカのチームと仕事をしている関係で
早起きをしなければならないことが多くあります。

少し前までは西海岸との時差は7時間(本当は17時間)で
西海岸の16時は日本の朝9時になります。
そうすると18時までには2時間のウィンドウがあって
まあまあコミュニケーションできました。

ところが今年から通常よりも3週間早く
3月11日(日)よりサマータイムが始まりました。

そうすると2時間の枠を確保するためには
朝の8時には会社に行かなくてはなりません。

幸い先日帰国して以来
時差ぼけが続いているので
朝は6時に目が覚めて
8時に出社するのは問題ないのですが
付き合ってくださっているVCの方や
石井先生などは大変だと思います。

ちなみに3週間早くサマータイムになったのは
エネルギー消費を少なくするためとやらで
参考:"SAVING TIME, SAVING ENERGY" by California Energy Commission
何でも1日で石油10,000バーレルに相当する削減効果があるそうです。

サマータイムは"英"語で
アメリカではデイライト・セイビング・タイム (DST:daylight saving time)と言います。
これまでは4月の第1日曜日だったのですが
今年から3月の第2週の日曜日に変更されました。

日本では導入されていないのでご存じない方のために書きますと
西海岸時間の午前2時00分1秒からがDSTになり
1秒前までは午前2時だったのが
突然3時00分1秒にワープします。
逆に秋に戻る際は
午前2時が突然午前1時にワープします。

早起きは三文の得と言いますが
私が日本にいる間における効用は
電車が空いていることですかね。
でも飲み会は早めに切り上げないといけないかもしれませんね。


haruhicomをフォローしましょう

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。