バイオベンチャー創業記 PASMO

スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


haruhicomをフォローしましょう

PASMO

  • 2007/03/11(日) 18:15:48

3月18日からPASMOが導入されます。

pasmo


既にご存知の方も多いと思いますが
pasmoは首都圏私鉄版のSuicaです。

suica


一方でJR関西はICOCAを導入しております。
icoca


さらに関西には私鉄系のPiTaPaもあります。
PiTaPa

(これはICOKAと2006年1月より相互乗り入れをしています)

これはいずれもSONYのFeliCaという技術を使っており
ベースは同じものです。

ついでに書くとdocomoのiDも同じです。
iD


これらはみな非接触カード型決裁システムな訳ですが
なんで急にこういうものが流行りだしたのでしょうか?

私鉄の対応を見ても分かるように
決裁の機械(=改札機)そのものがそっくり変わるわけではなく
そこに読み取り機がつけられる構造になっています。
したがって改札機の導入費用は人件費の代替として
既に織り込み済みで
今回のシステム(カード+読み取り機+ネットワーク)は
別のメリットを狙って取り組まれていると考えます。

単純にチャージ式のカード決裁システムですから
キャッシュフローが好転することが予想されます。
先にお金が入って後から使われます。
しかしこれはカード発行の費用を考えると微々たるもので
むしろ赤字になるかもしれません。

しかし大きなメリットは私鉄各社が一緒に発行するクレジットカードの発行会社となり
購入金額の3%程度といわれる手数料収入を獲得することにありそうです。

日本クレジット産業協会によると
年間約30兆円の利用があります。
仮に手数料を3%とすると
現在の手数料は9000億円で
10%前後の日本のクレジットカード決裁比率が
アメリカ並みの25%になった場合の収入は
2.3兆円です!

日本のクレジットカードの発行枚数は平成16年で2.6億枚で
内訳は銀行系、流通系、信販系で90%を占めています。
この2.3兆円をみすみす銀行等既存の発行体に
とられるのはもったいないということでしょう。


ま、この辺まではある程度想像のつきそうな話ですが
果たして本当に私鉄がその果実を取れるかどうかが
若干疑問だと私は思っています。
こっから先はマーケティングの話です。


そう思わない理由の1つ目は
Suicaがすでに相当出回っていると考えられるからです。
PASMOのポテンシャルユーザーで
まだSuicaのユーザーで無い人は
ほとんどいないような気がします。

2つ目の理由は
一般カードからの転化率が高くなさそうだからです。
もし普通のPASMOからクレジットカード決裁機能付のものに
転化されるとすれば
Suicaでもそれなりに上手くいっているはずで
それが上手くいくならSuicaがヨドバシカメラや
他の企業と提携する必要がないと思われるからです。
そうなる理由の最大のポイントは
SuicaやPASMOそのものには運賃以外に「出口」が無いからです。
他のMilageプログラムなどと組めば
決裁によって生まれるポイントを集めると
なんらかの商品やサービスに変化するベネフィットが
消費者に生じますが
電車カードそのものではそれはありません。

そうするとプラットフォームの上の
ミドルウェア的な機能に限定され
数パーセントの手数料は
必ず誰かと折半しないといけなくなり
皮算用が狂う可能性があると思います。

きっとクレジットカードの代理人としてではなく
電子マネーとしての機能の部分を
生かしきるようなアイディアを思いつかないと
駄目なんでしょうね。

ちなみに余談ですが
アメリカでもクレジットカードと並んで
銀行系のデビットカードがありますが
あとはチェック(小切手)が多用されていて
現金があまり信用されていません。
世界一信用されているドルですが
貨幣自体は信用されていないという
変なねじれがあるような気がします。
その一方で電子マネーはほとんど普及していません。
日本のように電子マネーがクレジットカードよりも大衆化している国も珍しいと思います。

もう1つ余談ですが
こういった決裁に絡んだ「通信」にもなかなか面白い戦いがあり
NTTデータのCAFISなどはその代表的なプレーヤです。
この話はまたそのうちに。

長くなりましたが
利用者から見るとプラットフォームが統合されるのは
非常にありがたいことで
1つのカードでピッと通り抜けられるのは
極めて便利だと思います。
「ガンバってそれぞれ縄張りを広げてみてください」
というのが私の感想です。


haruhicomをフォローしましょう

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。