バイオベンチャー創業記 Anacor won License with S-P

スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


haruhicomをフォローしましょう

Anacor won License with S-P

  • 2007/02/03(土) 23:52:12

AnacorSchering-Ploughディールが発表された。

anacor


ディールはPhIIにある爪白癬治療薬、AN2690のディールで
$40M(約50億円)のアップフロントと$10MのEquity Investmentを含む
総額$575+2桁%ロイヤリティーのビッグディールです。

爪白癬(onychomycosis)は米国の7-10%(2-3000万人!)が罹患しているといわれ
マーケットとしても大きいこともその期待値です。

Anacorはブログ
A-POT: シリコンバレーのバイオベンチャーより
でおなじみの赤間さんのいる米国西海岸の会社
Synta Pharmaceuticalsなど日本人のいる会社が
成功するケースがだんだん増えてきています。
そういう経験が日本にも還元されるといいですね。


haruhicomをフォローしましょう

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

どうも

コメント、TB、その上こちらでもご紹介いただき、ありがとうございました。でも私はただの一従業員、SyntaのKoyaさんはファウンディングメンバーですから、並べて書かれるのはちょっといかがなものかと・・・(^^;)。日本人の会社といえば、こちらのはるさんのとか、Acologixとか、SanBioとか、シアトルのAcucelaとか、そういったところになるのではないでしょうか。

  • 投稿者: Akama
  • 2007/02/04(日) 11:16:52
  • [編集]

Akamaさん
コメントありがとうございます。

ベンチャーの場合、経営も従業員の間は非常に近く
ごった煮のようなところですので
経験においてはあまり差がない気がします。
実際にいろいろ具にごらんになっているでしょうし。

そういえばK先生やその奥さんも言ってみれば
草分けですね。

  • 投稿者: はる
  • 2007/02/04(日) 11:57:45
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。