バイオベンチャー創業記 iPhone

スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


haruhicomをフォローしましょう

iPhone

  • 2007/01/17(水) 00:01:18

AppleがiPhoneを発表しました。


iPhone



MacWorld2007において
かねてから噂されていたiPhoneが発表されました。

いろいろなデザインが予想されていましたが
全面タッチパネルという
非常にシンプルで大胆なデザインが選択されました。

機能は、端的にいうとカメラ付き携帯+iPod+PDAというところですが
Apple得意のGUIによって
使い方が追求されているのが特徴です。

AppleあるいはCEOのSteve Jobsはこれをして
携帯を"ReInvent"(再発明)したと表現していますが
この表現は多少大げさであるにしても
必要とされている機能を
最も美しい形でその筐体に封入したことには
賞賛せざるを得ないと思います。

なんで、この別に変哲もない想定内の機能であるにもかかわらず
惹きつけられるのかと考えてみると

1.GUIの完成度が高いこと
MacOSXを採用して、考えうる限りの使いやすさを追求している

2.デザインの完成度が高いこと
物理ボタンを排除して、ソフトウェアボタンにすることにより
非常にシンプルかつ大画面のフェースをつくることに成功している。
またアプリケーション毎に都合の良いボタン構成にできるので
自由度を高める効果もある

3.iPodの魅力
ソフトバンクが
「携帯を買うとiPodが当たる」
とやっていましたが
それよりは1つになっているほうがいいに決まっている。
またauなどで音楽はダウンロードできるが
ソフトライブラリの規模や音質を追求するならば
iTuneの敵ではない(少なくとも米国においては)
Appleにしても
携帯のリニューアルの度に
iPodが売れるという効果もあり
収益的に都合が良いはずです。


値段は$399(4GB)と$599(8GB)で
6月から発売開始だそうです。
日本は来年になるようです。

ちなみにiTuneから
Steve Jobsの1時間半のプレゼンが聞けますが
まったく淀みなくその操作をしながら
完璧にメッセージを伝えるその姿に
いかに彼が深く関与したかが伝わるようでした。
私も1時間半聞いてしまいました。


ちなみに↓の本で
いかにSteve Jobsがクレイジーか分かります。


haruhicomをフォローしましょう

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。