バイオベンチャー創業記 Governed by "VALUE" rather than "POWER"

スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


haruhicomをフォローしましょう

Governed by "VALUE" rather than "POWER"

  • 2007/01/16(火) 20:58:34

会社の意思決定は
教科書的には株主総会において株数によって
そして取締役会において取締役数を背景になされます。

ITベンチャーや少し前のバイオベンチャーにおいては
私募増資段階における株価のコントロールによって
創業者比率を高いまま維持し
これによって上記の株主総会や取締役会を通じて
多少無茶な意思決定も押し通すことができました。

一方で当社、レグイミューンのように創薬系バイオベンチャーは
短期的な収益がほとんど見込めないのに対して
大きな研究開発費が必要になるので
増資を重ねていかざるを得ません。
しかもその額は巨大です。

そうすると多くの投資を受け入れた結果として
株の希薄化が起こります。
すぐに過半を割り込み
1/3も割り込んでいくことになります。

私はこれは致し方ないことだと思っています。
なぜならリターンの根源である株数は
取ったリスクに応じてあるべきで
アーリーステージであったにもかかわらず
大きな投資をしてくださった投資家の方に対し
相応に報いる必要があるからです。

そうすると創薬系バイオベンチャーは未上場会社でありながら
上場会社のような低シェア株主による経営になります。
つまり創業メンバーによる
株数によるコントロールができないということです。

ではそんな状況下において
我々の意思はどうやって反映されるのでしょうか。
私はこれは「信頼」と「価値」によるものだと考えます。

経営陣からいつでも追い出せる状況になったとしても
その経営陣しか実現できないものである限り
あるいは最も効率的に実現できるグループである限り
経営陣の考えが受け入れられる余地があり続けるということです。

多くの本に書かれているように
近年の企業は知的財産に根ざす形態へと傾斜をしつつあります。
企業価値の源泉がこれまでのような「設備」から
「知財」やもっとあいまいな「ノウハウ」に移行しています。
そのなかで経営陣に付随するそういったものに
価値がありつづければ
これが株の支配力に加えて
意思決定に影響力が及ぶのではないかと考えます。

おそらく大企業で働かれている方も
企業の株主ではなかったり
株主としての発言力は皆無に近かったりすると考えますが
社内で一定の発言力を有するのは
その人そのものが会社にとって価値を有するからだと思います。

私は別に経営者であることに固執はしていませんし
また株主としての立場もあるので
ある時点で私より適切な経営者がいて
より企業価値を高められるのであれば
その方にバトンタッチすることも
可能性ではありますが
経営者であり続けようと思ったときに
私がどれだけ会社に対して「価値」を生み出せていて
それがどれだけ代替不可能で
またどれだけ社員や投資家の方々に「信頼」されているかが
そのポジションにいる理由になるのだと思います。

まあ、これは必ずしも経営陣だけに当てはまることではなく
投資家の方も然りで
お金を含むいろいろなリソースを引っ張ってくることができたり
ポテンシャルパートナーを紹介できたりできるのであれば
持株数以上にその影響力は
大きくなるのだと思います。

そういった意味で
知的財産やノウハウへの傾斜を背景に
これからの会社は株を背景とした「力」による支配から
「価値」による支配へと
形を変えていくのだと思います。

とりあえず私は
失格にならないようにがんばります。


haruhicomをフォローしましょう

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

いつも楽しく拝見しています♪

某VBのO社の会社経営がいよいよってときに来ていますね。
Y社のように、ダウンラウンドをしてファイナスをするようですが、果たしてうまくいくのでしょうか?
また、代表取締役(会長)の経営責任をどうするかみものですね。

「ノウハウ」ってものを、投資家をはじめとする方々にうまくアピールするのって難しいなぁと痛感しているしだいです。

  • 投稿者: 匿名希望
  • 2007/01/18(木) 10:09:32
  • [編集]

責任は追求されるでしょうが
どの程度情報開示がなされてきたのか
に大きく依存するでしょう。

もし情報開示が適切になされた上で
適切に意思決定に投資家が参加する場が提供されていれば
投資家がとったリスクについては
追求されるべきではないでしょうが
そうでなくて
会社が情報格差を利用して
強行に進めた部分があれば
責任は重いでしょう。

うちには「ノウハウ」がありますと誰もがいいますが
それがいかにirreplacableかどうかが
肝なんでしょうね。

  • 投稿者: はる
  • 2007/01/18(木) 10:30:28
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。