バイオベンチャー創業記 ベンチャー vs 大企業 vs コンサルティングファーム

スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


haruhicomをフォローしましょう

ベンチャー vs 大企業 vs コンサルティングファーム

  • 2006/12/26(火) 21:57:51

ときどき知り合いが訪ねてきて

 「ベンチャーに転職を考えているのですがどうですか?」

 「コンサルティングファームに行きたいと思っているのですが」

と聞かれます。

訪ねてくるのはコンサルティングファームにいる人であったり
いわゆる大手企業で働いているひとであったりするのですが
わたしはベンチャーを加えてそのいずれでも働いたことがあるので
そのように聞かれるのだと思います。


機会なのでその3つがどのようにことなるのか
経験と偏見に基づいた意見を書いてみたいと思います。


結論から申し上げると
これらは要求される能力のレベルにおいてはさほど違いはないものの
要求されるマインドセットや適性においては大きな違いがある
ということになるでしょう。


まず大手企業はその大きなリソースの規模ゆえに
ダイナミズムとオプションの自由度と財務的な耐性があります。
したがってこれを上手く活用できるところに魅力があります。
問題はそういうポジションにいたるまでには時間がかかり
新卒で入ったらそうなるまでには5-10年ぐらいはかかるのが普通です。
いろいろな部門を経験するケースもありますが
基本的にはある「畑」のエクスパートになることを期待されており
所属する会社へ適応することに価値の一部が存在します。
また組織として動くので、裁量範囲が細分化されていて
部門をまたぐような意思決定にはいつも時間がかかるため
いらいらして上の悪口を言ったりするのが相場です。
その悪口を言われるようなかなり上のポジションになるには
20年以上は時間がかかることも稀ではなく
そういう立場になったときには
若いときに思っていたような気持ちは
忘れかけちゃっているような人も多いようです。


対してベンチャーは意思決定のスピードが生命線なので
その辺はかなり小気味よくあります。
また組織が小さいために全体を見渡すことが容易です。
逆に言えば全ての担当者を置くほどに組織が充実していないので
担当外の仕事もどんどんこなして
事業を進めながら会社を作っていく仕事もしなければなりません。
マイナス面はファイナンスに由来して不安定な点です。
ひとつのプロジェクトの死が
そのまま会社の死につながることも多く
会社は常に潰れるリスクと隣り合わせです。
そのために腕に自信があって
会社が潰れても別の道があるような人でなければ
あまりお勧めではありません。
またみんなでワイワイがやがややっていくような
お祭り的な要素も多分にあるので
一匹狼のような人にはあまり向いてなく
チームワークのなかで働けるような人である必要があります。


一方コンサルは人望がなくてもチームワークにかけていても能力があれば勤まります。
知っている何人かがそれを証明しています。
よくホームページに
「当ファームはチームワークを重視します」
と書いてありますが
あれは嘘です。
チームワーク、チームワークと口がすっぱくなるぐらい言わなければならないほど
身勝手な人ばかりである裏返しに過ぎません。
戦略ファームの場合には
3ヶ月ぐらいの仕事を
小さいプロジェクトなら3-5人
大きなデューデリジェンスのような仕事になると5-10人ぐらいで
一気に片付けることになります。
いろんな業界のいろんな企業のプロジェクトに参加できることで
薄く広い知識を身につけるのには非常によいのですが
こればかりやっているとまったく実務能力に欠けた人になってしまいます。
実務をしていくためには理屈はその一部に過ぎず
人的ネットワークを含めた実行能力がないと難しいからです。
コンサルティングファームで働くのも面白いと思いますが
何か自分の強みになるような経験を
人生のいずれかの段階で持つほうがいいと思います。
consulting
↑こんな表を喜んで作るのもコンサルティングの特徴です。

ちなみにここだけの話ですが
コンサルティングファームは
プロジェクトをセールスする際にクライアントには
「当ファームではこのようなプロジェクトにたくさんの経験を有します」
と言って売り込みますが
どっか外国のブランチでやったことがファームとしてあったりするかもしれませんが
実務レベルでほとんど交流なんてないので
大抵のプロジェクトは担当者が「未経験」のまま
「きっとなんとかなるだろう」
という程度の思い込みで売って歩いています。
したがって「ハッタリ」です。
「ハッタリ」に少し権威を持たせるために
有力ファームは有名大学出身者や
MBAホルダーなどクライアントを威嚇できそうな「看板」を持った人を採用します。
まあ、結果として「比較的」優秀な人がいることも事実で
ある業務を外注するつもりならば
比較的いい仕事をしてくれるのは事実です。
ただし、法外なフィーに見合うだけのことがあるかというと疑問で
ついでに諸費用といって請求するものは
飲み食いに結構使われていたりします。
だから僕は個人的には決して使うつもりはありません。

ま、参考になるかどうか分かりませんが
細かい質問のある方は個別にどうぞ。


haruhicomをフォローしましょう

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

文字化けしています

こんにちは。一部文字化けしていて読めません。EUCやシフトJISなどにしてみても表示されませんでした。

とても興味がありますので、文字化けを対処していただけると大変嬉しいです。

よいお年をお迎えください。

清宮

  • 投稿者: 清宮
  • 2006/12/27(水) 10:28:39
  • [編集]

原因は不明ですが
タイトルが字化けしていて
それを直したら直ったようです。

  • 投稿者: はる
  • 2006/12/27(水) 16:31:21
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。