バイオベンチャー創業記 2本貸し

スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


haruhicomをフォローしましょう

2本貸し

  • 2006/11/10(金) 17:55:16

先にドイツへの往路のトラブルについて書きましたが
帰りは行きよりもひどい目に会いました。

当初18時にデュッセルドルフ空港(DUS)からフランクフルト空港(FRA)にフライトは予定されていたのですが
少し会議を早めに切り上げることができたので1本前の17時過ぎのフライトの出発時刻に間に合ってDUSに着きました。
チケットカウンターでその前のフライトに切り替えて待っていたのですが
機材がFRAの霧の影響でまだFRAを飛び立っていないので「少し」遅れるというアナウンスがありました。
「少し」といわれたものの、待てど暮らせどやってくる気配がありません。
そこでチケットカウンターの女性に聞くと
経験上、霧は午後に発生すると悪くなることはあっても良くなることはないとのことでした。
(おい!先にそれを言え!!)

しょうがないので行き同様に電車でFRAに向かうことにしました。
DUSを出て、乗り換えのDusseldorf中央駅に向かいました。
中央駅で特急のホームに着くとちょうど前のICE(超特急)が出て行くところでした。
ああ、残念。
しかし次のICE821でも19:07にFRAに着くので
20:45のフライトに十分間に合うだろうと
気を取り直してホームで待つことにしました。
やがてBIO帰りで同じくFRAに向かうと思われる人もどんどん集まってきました。

列車案内にはICEは10分送れとの表示が当初出ていましたので
まあ、この国においては当たり前の遅れの範囲内と思い
そのまま待つことに。
ところがその直後から「異変」始まったのです。

特急ホームに来る電車が次から次へと「遅れ」がアナウンスされ
遅れ幅の拡大がアナウンスされ、
中にはキャンセルされるものも出てきました。
ドイツの駅の表示やアナウンスはドイツ語onlyなので
ドイツ語を履修していない私にはチンプンカンプンで
(じゃ、履修したフランス語は分かるかというと。。。)
かすかに分かる地名しか分かりません。
ただ何か衝撃がホームに立ち込めているのは分かりました。

ICE821はついに25分遅れと表示され
だんだんFRAからのフライトに間に合うかが心配になり始めました。
時刻表と記憶を照合するとDuesserdorfを出ると電車はKolnを経由してFRAに向かいます。
Kolnはターミナルになっていて他の場所から来る電車も期待できるので
やってきた普通特急でKolnに向かうであろうものに飛び乗ってKolnに向かいました。
何人かスーツケースを持った人が乗ったようなので
同じ選択をした人も何人かいるようで心強く感じました。
ただ、多くの人はホームに残りました。

douyou
(Duesseldorf駅で電車を待つ人々)

Kolnまでは30分弱。
電車の中で英語の分かりそうなドイツ人に話をしてみると
遅れの理由は分からないとのことでした。
彼もフランクフルトの先の家に帰るところで
同じ戦略で電車にのったといいました。

Koln駅について見てみると確かに他のICE623があったのですが
ICE821が25分遅れでくるよりもまだ30分以上後にやってくるものでした。
駅の事務室で聞くと他にはFRAへのルートは無く
「待つしかないねー」と
そっけない感じ。

しょうがないのでホームに戻ると
先のドイツ人が
「Dusseldorfの手前で列車と車が接触をして大事故があった。
ICE821は1時間遅れになった」と
(ホントに来るのかよー)
こうなるとICE623が現実味を帯びてきました。
ただ戦略どおりなのはいいのですが
FRA着が20:15分。つまりフライトの30分前。
これはヤバイということで、ANAのデスクに「必ず行くから乗せてくれ」と伝えようと
電話でグローバルアシスタントデスクにかけたら
セキュリティー上の問題で空港の番号は公開しておらず
また代替フライトはあっても乗り継ぎで逆に時間がかかる可能性があると。

日本に帰ると翌日はVCとのミーティングと取締役会があるので
どうしても日本に帰らなければなりません。
そこでデスクにFRAの空港に「行く」と伝えて欲しいというと
分かったので電車はいつ着くのかと聞かれました。
見上げると電子掲示板には10分遅れ!
到着は出発の5分前だこりゃ。
「5分前」ですというと「うーん。。。」
後のサポートはするからまあとにかく空港に向かってくれといわれて空港に

結局空港には20:35着。
カウンターにぜいぜいいって辿り着くと渋い顔。
でもFrequent Flyerだといってダイアモンドメンバーのカードを見せると
電話をかけてくれ、乗せてやるからダッシュしろといわれ
ばたばたとチェックイン。
でもカバンはもうカウンターで預かると間に合わないので
ゲートに持っていってそこで預けろと言われ
キャスターバッグを引きずって広いFRAの中を走ってセキュリティーチェックに。

ここでまた問題が。
最近のテロの影響で100ml以上の液体は機内に持ち込めない。
ワインを2本買ったのに!!!
捨てるか戻ってカウンターでカバンを預けるかしろと言われたので
これはゲートで預ける。タグもこのように付いているといったのですが
押し問答に。
そして3分前。
係員に意味も無いと分かっていながら悪態をついて、泣く泣く2本とも放棄。
ゲートについたのは出発時刻。
汗だくで席について、フライトはそのまま出発。
これで日本に帰れる。。。
というわけで飛行機の中でこれを書いております。

おいドイツ! ワイン2本貸しだからな!


haruhicomをフォローしましょう

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。