バイオベンチャー創業記 ハプニング

スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


haruhicomをフォローしましょう

ハプニング

  • 2006/11/06(月) 06:21:19

旅にはハプニングは付き物ですが
今日は大変な目にあいました。

フランクフルト空港で乗り継ぎで
ヂュッセルドルフに向かうことになっていました。
前の便に間に合いそうだったのですが
時間もあるのでゆっくり行こうということで
出発ゲートで1時間半、本を読みながら待っていました。
airport


ところがルフトハンザ航空のヂュッセルドルフ行きが
トラブル(理由不明)のために直前になって欠航となってしまいました。
次の便が3時間後だというので
代替輸送手段はないかと聞いたら
電車で行けと。。。
もともと45分という短いフライトだったので
電車で行ってもそう時間はかからないだろうと思っていると
1時間半だと。

まあ、いいかと思ったのですが
成田でかばんをチェックインしていたので
それをピックアップしなければなりませんでした。

30分もあればいくら広い空港でも出てくるだろうと思い
指定された場所で待っていたのですが
待てど暮らせど出てこない。
空港の人に聞いたところ
当たり前のような顔をして
「1時間は最低かかるわね。」
といわれました。

ようやくかばんをピックアップして
一緒になったF氏と電車の駅に向かったのですが
看板も放送もドイツ語だけでよく分かりません。

ICE


やっとのことで電車に乗り込んで一杯。

beer


ビールだけは美味しかったですね。

日本ではこういうことになると
係員も申し訳なさそうにするのですが
誰も悪びれる様子が無いあたりは
米国とおんなじだと思いました。


ちなみに空港で読んでいた本です。
ドラッカーは基本的に好きですが
この本も名著です。
これを1980年代に書いていることがすごいです。

米国の現在の繁栄は「起業家」の発明によるものだと言っており
それは気質ではなく行動で
その基礎は直感ではなく方法だと看破しています。
ちょっと冗長気味ですが
是非ご一読を。


haruhicomをフォローしましょう

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。