バイオベンチャー創業記 NASDAQの上場基準

スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


haruhicomをフォローしましょう

NASDAQの上場基準

  • 2006/10/08(日) 01:12:48

前回の記事にいただいたコメントで
アメリカの上場基準がどうなっているかという質問をいただきましたが
ベンチャーの主要上場先であるNASDAQにも
当然上場基準があります。
これは日本とだいたい同じような基準です。


まず3つのマーケットがあります。

1. NASDAQ Global Market Select
2. NASDAQ Global Market
3. NASDAQ Global Capital Market

1.はAmgenとかAppleとか規模の多きい限られた会社を対象にしていますので
ベンチャーには2か3がターゲットになります。

まず2のNASDAQ Global Marketには
3つの基準オプションがあり、
そのうちのいずれかをクリアすることが求められています。

IPO

Source:NASDAQ "Listing Standard & Fee" Aug 2006

いろいろ要件がありますが、
基本的には株主資本の大きさであり
無ければ時価総額か売上げがあることが求められます。

こちらにリストされている企業は
 Renovis Market Cap=$388.6M
 Nabi Biopharmaceuticals Market Cap=$350.2M
 Nuvelo Market Cap=$977.3M
などで、
多くのバイオテック企業がこの市場にいます。

3のGlobal Capital Marketの基準は
c
Source:NASDAQ "Listing Standard & Fee" Aug 2006

で、こちらはバイオベンチャーには
ほとんどザル基準です。
但し、店頭公開に近い市場で流通が悪いので
あまり多くのバイオテック企業が上場しているわけではありません。

上場企業の例は
 Genelabs Market Cap=$29.7M
 Point Therapeutics Market Cap=$46.9M
 Ciphergen Biosystems Market Cap=$$43.7M
などごく限られています。

こうやって見てみると
基準だけは日本のマザーズやヘラクレスのように
表向きの基準は似たようなものですが
実際に上場している企業を見ると
バイオテック企業には別の選択がかかっているようです。


haruhicomをフォローしましょう

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。