バイオベンチャー創業記 特許法

スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


haruhicomをフォローしましょう

特許法

  • 2006/09/26(火) 11:21:56

本日の日経新聞のトップ記事になっているが
特許法の国際統一がとられることになった

patent


今回の合意の骨子は
1.先願主義への統一、先発明主義の放棄
2. 出願から公開までの期間の統一(to 1.5yr)
3.初出願日の国際採用
4. 公表から1年以内の出願の認定
5.新規性、進歩性の基準の統一(努力)
となっている。

これまで米国だけがかたくなに先発明主義を採っていて
日欧の先(出)願主義とぶつかっていた。
他の部分で調和を取ろうとしても
どうしてもこの部分が原因となって
うまくいかないことがあったが
珍しくアメリカが折れた。

アメリカはプロ・パテント(知的財産権保護強化)政策をとってきた
その根幹を成すのは世界に例をみない先発明主義と非公開主義である。
結果として悪名高いサブマリン特許を生み出した。

この先発明主義は
1787年に制定された米国憲法第1章第8条第8項に
特許の活用による産業の促進が明記されており、
この憲法に基づき最初に制定された連邦法が特許法である。
草案者は独立宣言と同じくトーマス・ジェファーソンで、
自由と民主主義のもとに先発明主義の方式をここで採用した。
つまりかなり根が深いのである。

まあ、これを変えようというのだから
アメリカもよっぽど他国との間のconflictを感じたのであろう。

これを機会にといってはなんだが
マイルとかガロンといった
アメリカ独自の単位系の使用も
やめてもらえないだろうか。。。
(参考:メートル法反対運動


haruhicomをフォローしましょう

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。