バイオベンチャー創業記 頭を冷やせ!

スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


haruhicomをフォローしましょう

頭を冷やせ!

  • 2006/09/20(水) 01:56:41

私はDELLのLatitude X1を愛用している。
X1


優れた携帯性と
処理能力と
必要十分な外部接続を確保しており
非常に気に入っている。

ただ、1つ問題がある。
熱暴走するのである。
最近特にひどい。

携帯性を重視したPCであるために
放熱ファンがついていない。
底面からの放熱に頼っていて
底面についていたゴムの滑り止めは
わずか3mmほど底面を持ち上げていたが
最近かばんの中で擦れてそれを失った筐体は
完全に机に密着してしまうことにより
蓄熱が一段と激しくなったように思われる。


先週から激しい暴走を繰り返し
キーが勝手に変なものを打ったり
カーソルが勝手にどこかに飛んでしまうようになった
システムの問題かと思い
ハードディスクのフォーマットまでして
オーバーホールしたがだめである。

ついに冷却対策に乗り出した。

で、調べてみると
同じコトで悩んでいるヒトは多いらしく
対策グッズがふんだんに売られている。

メジャーなのは冷却シート
ゲル式のものと特殊無機結晶式のものが売られている。

こちらはゲル式のもの
gelcool



こちらは特殊無機結晶式のものが
x40

何が40倍かというと
ゲル式のものに比べて放熱効果が40倍なんだとか。
「特殊無機結晶」なるものを2枚の鉄板でサンドイッチし、
それをプラスチック素材で覆う構造になっている。

昔の職場で冷やした2Lのペットボトルを2本
ノートPCの下に引いて作業をしていたW氏のことを笑っていたが
なかなかこの原始的な発想は良いらしい。
PCも頭を冷やすと性能が良くなる(本来の性能を発揮できる)ようだ。

機械式のものも結構ある。
machine


さらに調べてみるとなんだかすごいものが出てきた。
水冷

なんと水冷式!!!である。
まあ、熱吸収効率の基本原理からいったら
温度差がDriving forceになるわけだから
冷媒が循環するのは確かにmake senseである。
しかし。。。
ただしこれはデスクトップ用である。

さて私は特殊無機結晶にかけてみようと思うが
効果がでたらまた報告してみたいと思う。

どなたか読者の方でも
使用報告があったら教えてください。


haruhicomをフォローしましょう

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。