バイオベンチャー創業記 GRGICH Hills Fume Blanc

スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


haruhicomをフォローしましょう

GRGICH Hills Fume Blanc

  • 2006/08/16(水) 23:12:09

本日紹介するのは
GRGICH Hillsの2005 Fumé Blancです。
これははっきり言って女性の方には「毒」です。

GRIGICH


甘いフワーッという香りと口当たりは
飲みやすく、それでいて深みのある感じがします。

これはワイナリーのテイスティングルームで飲んだ
コースに入っていたのですが
このワイナリーが得意とする白ワインの中でも
最も女性受けするものの1つではないでしょうか。

Fumé Blancは、70年代にロバート・モンダビが作り出した呼名で
Sauvignon Blancのことです。
テイスティング・ルームのおじさんはfumé=smokeのことだと言っていました。

価格は$25@現地
日本では見かけませんがワインショップだったら4000円ぐらい
お店で飲んだら8,000-10,000円になるでしょうね。

ちなみにGRGICHはガーギッチと読み
創始者のマイク・ガーギッチ氏はクロアチアで醸造学を修め
アメリカにわたってきた方です。
有名な1976年のパリ事件
当時世界最高の白ワインとして優勝したモンテリーナの
ワインメーカー兼ヴィンヤードマネージャーだったことで有名な方です。

以下メーカーの諸元です。
Alcohol: 14.2% by volume
Fermentation: 50% stainless steel, 50% 3-year-old French oak
Harvest date: September 6-24, 2005
Sugar: 23.5° Brix
Bottling date: February 2006
Release date: May 1, 2006
Residual sugar: .20%
Total acid: 6.9 g/L
pH: 3.36
Time in oak: 4 months in 3-year-old French oak
Case production: 17,400 cases (12/750 ml.) 2,020 cases (12/375 ml.)
Blend: 100% Sauvignon Blanc


haruhicomをフォローしましょう

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。