バイオベンチャー創業記 2012年05月

スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


haruhicomをフォローしましょう

Johson Johnsonは本当にDendreonの救世主か

  • 2012/05/05(土) 00:00:01

多分これ、少し面白いことになる。

連休中で見落としていたんだけどこの記事
Savient Accused of Insolvency by Tang Capital in Lawsuit(Bloomberg)

 Savientは結構古株のバイオテックで1980年にBio-Technology Generalと言う名前で創業して、Searle Laboratories(現pfizer)が発売していた筋肉増強剤をボディビルダーなどによる乱用が問題となって捨てたところを、近傍の疾患の臨床試験を行って適応を取り、発売していた。
 2010年9月に新規痛風治療薬Krystexxa(pegloticase)の承認を受けて発売しているのだが、こいつが問題になっている。化合物はPEG化ウリカーゼ(豚由来尿酸オキシダーゼのポリエチレングリコールコンジュゲート)で、尿酸を水溶性の高いAllantoinに分解するのが作用機序だ。PEGは動態向上(T1/2:8hr->10days)に寄与している。
ところが問題はこのPEG化で、これが抗原性を引き上げで、抗体が出来てしまうらしい。

 今回の訴訟を引き起こした債権者のTang Capital PartnersによればKrystexxaはそういった副作用の問題で、お医者さんが使う見込みは無く、費用を垂れ流しているのだと。事実関係はよくわかりませんが、気になるのは前CEOのJohson H. Johnson。感の良い方はお気づきでしょうが、元々ImCloneのCEOで、最近あのDendreonのMarketingの救世主としてMitchell Goldに代わってCEOになったばかりです。

タイミング的にどう?分かって逃げ出したんじゃない?と穿った見方も出始めているようです。
とりあえずSVNTは訴訟を受けてソッコー▲25%になりました。


haruhicomをフォローしましょう
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。