バイオベンチャー創業記 2010年08月

スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


haruhicomをフォローしましょう

Pacific Biosciences一気に階段を駆け上ってIPOへ[訂正]

  • 2010/08/17(火) 00:00:01

成功は定義によるのでしょうが
階段を一気に駆け上がりつつある企業として
Pacific Biosciencesは目覚ましいものがあるでしょう。

ついに200億円調達を目論んだS-1をファイル(米国上場申請)しました。

参考:S-1ファイル

PacBio

PacBioのコア技術はDNAシーケンスで
PacBio RSと呼ばれるプラットフォームにより
1分子のDNAからでも早く、簡単にシーケンスを読めるというものです。

凄い点が2つ。
とにかく調達額が半端でないです。
これまでに400億円を超える調達を昨年までに集めています。

fhistory

もう1つは助成金以外に1円も稼いでいない点です。
一方で累積損失は200億円を超えています。

loss

第3世代シーケンサの技術としては
一言二言有る人も多いのでしょうが
より手軽に誰の手元にも届くことが最大の目標だと考えると
技術だけでなく
ファイナンスやマーケティングの力によって
市場化するパワーのようなものを
武装するのも重要ですね。

訂正履歴:表中の数字を訂正


haruhicomをフォローしましょう
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。