バイオベンチャー創業記 2009年03月

スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


haruhicomをフォローしましょう

サイン

  • 2009/03/18(水) 20:00:00

事件は起こる前に実は予見されていた。


ことの発端はこんなメールが舞い込むことから始まる。


この度は、初めてメールを送らせていただきます。[K大学キャリアサポートセンター](以下CSC)のNと申します。御社のホームページを拝見させていただいたのですが、アレルギー、自己免疫疾患、炎症性疾患などに対する研究開発を通じて広く社会に貢献されていることについてとても関心致しました。

現在、CSCでは、将来有望中長期的と考えられる全国の企業様大小に関係なく) の調査を進めており、可能であれば直接会社をご訪問させていただいております。そこで御社様を差し支えなければご訪問させていただき、(1)御社を設立された経緯、(2)御社の事業内容について、(3)K大学における若手研究者(修士、博士課程、ポスドク、実務経験者院生等も含む)の就職先としての将来的可能性、以上3つについて詳しくお話をお聞きしたいと考えております(もちろん、御社訪問については、あくまでもこちらからの希望の段階です)。訪問時期については未定ですが、できれば、本年度2月又は3月以降にご訪問させていただきたいと考えております。仮にも御社訪問が可能でしたら、大変ご多忙とは存じておりますが、何卒ご返答よろしくお願い申し上げます(できるだけメールにてよろしくお願い申し上げます)


おそらく当社が日経バイオテクで求人をしているのでも見てメールを出してきたのだろう。
誤字や表現の重複、敬語の誤用、さらに多用される(括弧)を含めて雑なメールであるが
そこには目を瞑って若手研究者の就職についてディスカッションもできるであろうと
骨を折ることにした。



異常に気づいたのは2回目のメールである。


この度は、御社訪問の件では大変お世話になります。CSCのNです。御社訪問の件ですが、誠に申し訳ないのですが、2月につきましては、すでに全ての予定が決定してしまいました。つきましては、3月以降における御社訪問可能な日時お知らせしますので、どうかご検討よろしくお願い申し上げます。訪問可能な時間帯については、いずれも午後13時から午後16時までの時間帯です。(略)

いきなり自分のスケジュールをimposeし始めるのである。
来たいと言ったのはNの方であったはずだが
どうもお忙しそうなので
仕方なく当方の3月の予定を出し
一旦日程は決まった.


10日ぐらい後
今度Nは大学の所要によりリスケだと言い出して
日程は変更される。


そして貸した軒先からはじまって
要求は母屋に及んでいく


ある日「若手」研究者のセールスが入る。

この度は、御社訪問の件では大変お世話になります。CSCのNです。下記の日時了解しました。XX日XX時にご訪問させていただきます。訪問時間は1時間程度を考えております。又、下記のK大若手研究者が早急な求職を求められておりますが、面接等の対象になりますでしょうか(略歴をお送りします)?もちろん、他のK大若手研究者の求人もおりますが(詳しくはXX日にお話したいと思います)、まずは、下記の求職者について、面接の対象の可能性について(又は経歴にご興味があるかについて)ご返答いただければ幸いです。


そして名前は伏せてあるが
明らかに誰であるか特定可能な30代後半の「若手」研究者の経歴が
添付されてきた。
興味でググると簡単に誰の履歴であるか判明した。

おい、本人の了解はとってあるのか???


さらに次のメールで宿題が出される。


(略)CSCのNです。つきましては、K大学ポスドク・博士課程求人票(参考データ)を作成しましたので、ご記入できる範囲でかまいませんので、来月月3月XX日までに折り返し添付していただくか、3月XX日当日、XX時の御社訪問までにご記入どうかよろしくお願い申し上げます。

なお、当日は、本参考データのご記入内容をご参考に協議を行う予定です。本求人票(参考データ)につきましては、基本的に将来的な「求人の可能性」も含んでおります。よって、現時点で御社が求人募集されていない場合は、応募締め切り欄に「未定」又は「要問い合わ」と書いていただいてかまいません。又、参考データには、求人票と明記されておりますが、一般的な求人票とは異なり、あくまでも、御社のような成長企業が存在することをK大学の若手研究者に、より広く知っていただくための「参考データ票」です。それゆえ、学部レベルの求人票とは別枠で考えていただければ幸いです。採用条件につきましては、過去の採用条件を参考にご記入していただいてもかまいません。頂いた参考データは、K大学の若手研究者が参考にファイルで閲覧できるようにさせていただきます。(略)



なんだか知らないが
出来が悪くかつ量だけはあるエクセルが添付されていて
それを埋めて来いということになった
こちらには業務があるのでそれは面談を経て意味があると考えてから埋めることとして
その要求はのまないこととした。




そして劇はいよいよクライマックスに突入する。



当日Nが当社に現れる
年齢的には30代中ごろであろうか
もっそりした感じの
クマ系である。
Nはジーンズ系のズボンに
Dパックといういでたちで現れた。
恰好はまあいい
こちらもふだんからいい加減な格好なベンチャーだ


Nは時間を割いてもらったお礼も言わず
いきなり本題に突入をはじめる。


宿題はしてきたのか?


いやそういう作業量の発生するものは
意味があるかどうかわからない今の段階ではやっていないというと
Nは切れた

じゃあ何で呼びつけたのか?

!?

あれ、あなたが来たいと言ってきたのではなかったのだろうか。。。。


とても生産的なミーティングにはなりそうにないので
お引き取りいただいても結構だというと

お前の態度はどうかしている
お前たちの会社になんか学生は就職しなくていいと


上から目線のコメントを残して去って行った。


。。。。。。。。



別にNがK大学そのものだと思わないし
K大学自体はすばらしい大学の1つだと思う。
これまでもこれからも優秀な候補者は
K大学を含めてどこからでも欲しいと考えている。
ただK大学だから特にどうこうということはない。
私は仕事は全く実力本位の世界だと思っている。

それはK大学みたいに
偏差値の高い大学であれば
おりこうさんな学生の率は高いと思うが
私たちは(おそらく他の企業もそうだと思うが)
大学名に関係なく「優秀な」社員がほしいと思っている。
またそれにもましてガッツのあるパートナーが欲しいと思っている。

それを大学の名前をバックにして
横柄なキャリアサポートセンターの輩が
(しかもこの不況下で!)
横柄な態度で売り込みをかけたって
その大学の生徒や卒業生は機会を損失することになるであろう。


ちなみにNはこうも言っていた

うちのCSCはちゃんと学生を就職させている。


しかしそれは論理的な議論ではない。
何故なら他の人がやったらもっと上手にできる可能性を考慮していない。

面談に割こうと思っていた時間は
精神の沈静化のために必要な時間となった。


haruhicomをフォローしましょう
スポンサーサイト

なぜ MerckとSchering-Ploughの合併はreverse mergerか?

  • 2009/03/10(火) 12:15:34

ついにというか、とうとうMerck(メルク)が行きましたね。

抗コレステロール薬Vytorinに関するJoint Ventureを
Schering-Plough(シェーリングープラウ)ともっていたMerckなので
噂については常にありましたが
Merckも純血主義をすてて
ついに合併製薬会社の仲間入りということでしょうか。

2008年末のFinancial Reportをみると

Net Sales:    $18.5 B
Cost of Sales:  $7.3
SG&A:       $6.8
R&D:         $3.5
Other Expense $0.3
Special       $0.3

EBIT        $2.0
Net Income   $1.9

となっていますので、
単純に統合をして大ナタをふるいまくれば
最大$8B(実際には$4b)ぐらいのEBITがMerckにもたらされることになる計算ですね。
10-15年で投資を回収する見込みでしょう。

面白いのは実質的にはMerckによるSchering-Plough買収ですが
形式的にはSchering-Ploughの方が存続会社で
Merckの名前を冠するということです。

いくつか言われている問題の一つが
Schering-PloughがJ&JとCo-marketingをするRemicadeで
上記のSchering-PloughとMerckのJoint Ventureのような形式をとっています。
もしかするとRemicadeのJVに関する契約に
Schering-Ploughが存続会社になる理由があるかもしれなと思っています。
(たとえば他会社に買収されたら失効するとか)
なんせ$2Bの売り上げを上げる大型薬ですからね。

でももしかするとJ&Jがいちゃもんをつけて買収がひっくり返ったりするんではないかとも
噂されております。

争奪戦かこれは!?


haruhicomをフォローしましょう

告知:JETRO様主催 米国ハイテクビジネス実践セミナー

  • 2009/03/03(火) 20:48:40

しばらくブログを更新しておりませんが生きております。

本日はJETO主催の米国ハイテクビジネス実践セミナー告知です。

当社は米国で開発するというビジネスモデルを選択しておりますが
そのPros & Consなどについて情報共有をできればと思っています。


日時
2009年3月12日(木曜)、13日(金曜)
※12日:13時00分~17時40分
※13日:10時00分~17時00分

詳細はJETRO様のHPでご確認ください。


haruhicomをフォローしましょう

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。