バイオベンチャー創業記 2008年12月

スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


haruhicomをフォローしましょう

お金持ちになろう!

  • 2008/12/17(水) 00:00:01

アメリカに行ったときも
テレビっ子の私は当然テレビを見ます。

結構日本と似たような(というか相互にパクっている)番組があって
クイズミリオネアーなんかは
海外でやっていたのを
日本に輸入していますし
料理の鉄人は
iron chefとして海外に輸出されて人気番組になっていたりします。


その一方で日本ではありえない番組が結構あります。
その代表的なのはホームドラマで
日本でもたくさん試みられたようですが
死屍累々だと聞いています。
あの欽ちゃんや
ドリフで昔やっていた
家などのセットでやるものです。
代表的なのが
Friendsです。

昔ブラピの彼女だったジェニファー・アニストンなどは
このドラマで有名になっています。



もうひとつ著しい違和感を感じるのが夜中の広告枠番組なのですが
通常の掃除機やら、化粧品などは
日本も共通して存在するですが
日本でやっていなくてアメリカで多いのが

「お金持ちになろう!」

という広告番組です。
私はこうやってお金持ちになりました。
そのノウハウ本がこれです。
みたいな番組を堂々とかつ延々とやっているのです。money1
money2
money3




インターネットビジネスで
私なんか1ヶ月で$10,000も稼いだのよ
という女性や
俺なんか最初の1週間で$20,000も儲けたんだ
というおじさんのインタビューがでてきたりしますが
ITや金融工学や不動産知識とはほど遠い人たちが
こんな生き馬の目を抜くような世の中で
ザクザクお金を稼いじゃっている話が
次から次へと紹介されます。

本当かもしれませんが
もしそうだとすると
何十倍もの損をした人の中から
たまたま得をした人を選んでいるとしかは思えませんが
しかし見ている人のプロファイルに近い人が稼いでいる姿というのが
重要なのだと思います。

私なんか穿った見方をするせいか
「そんなに儲かる話をテレビで教えるぐらいなら
その人たちは自分たちで実行するだろ
なんでそれをわざわざテレビで教えてくれるかというと
そこでノウハウを売りつけて奴らは儲けようとしているに違いない」
と考えてしまうのですが
行き詰っているひとは
そういう話にも引っかかってしまうのも
分からないではない気もします。

しかし、同じような意識は日本にでもあると思うのですが
日本では公衆の面前でお金持ちになりましょうというのは
美徳に反するところがあると見えて
このような露骨な番組はコマーシャルでもありませんよね。
やっぱりグローバル化がどんなに進んでも
こういったDNAに刻まれた精神のようなものは
変われないのかも知れません。

みなさんも本当はお金持ちになりたいですか?


haruhicomをフォローしましょう
スポンサーサイト

Do you want to wake up every morning with feeling it'll be another great day?

  • 2008/12/06(土) 00:00:01

15年ぐらい前の話になるが
大学を出たてのころに
とあるできちゃった婚の友人の結婚式の2次会で
ある高校の同級生にあった。
彼は大学を出て企業に就職したが
事情があってお父さんの会社の手伝いをすることになったという

機器メーカーの研究員としての数年間は
いくつも特許を書き
それが製品になったりして
それなりに楽しかったらしい

でもそれよりもはるかに今の生活が楽しいというのだ
建設関係の仕事で
毎日朝早くから現場の視察に行ったり
会社の兄ちゃんたちと遅くまで飲んだり
会社の資金繰りに苦しんだり
それはとっても大変らしいが
生きている実感があるというのだ
従業員時代は目覚めても
渋々会社に出かけていたそうだが
自分の会社になると
意欲に満ち満ちて目が覚めるという
朝が弱いというのは
要は気持ちの問題だと気がついたそうな

けっこうガツンと来る感覚だった



もうひとつは大学のときの研究室の先生の話であるが
これが変わった先生で
満州で生まれて
食うや食わずのこともありながら
命からがら日本に帰ってきた
トンデモ人生の人なのだが
その先生曰く
「僕はサラリーマンの子供は嫌いだね」
前後のコンテクストがあるのだが
趣旨はこういうことだったと記憶している

サラリーマンというのは
いいときも悪いときも
なんだかんだ言いながら給料が毎月振り込まれ
危機感のない商売だ
親父が死にそうになっているのを
見ていない子供は
世の中はそんなもんだと思ってしまう

こいつも応えた



当時の私は
いわゆるリーマンに分類されるであろう父の影響なのか
家族が路頭に迷うような危機なんて
考えたこともなかった


もうひとつ思い出すのは
大学院の研究室にいたF君である

なんでも2回夜逃げをしたことがあるというのだ
お父さんが事業に失敗して
借金取りが家までやってきて
ボコボコにされるのを見たり
かなり大変だったそうだ
実際には夜じゃなくて
昼に逃げたりするんだと聞いて
へーーと思いながら
劇画の世界だと思った

F君はお父さんがなくなって
お父さんと親戚がやって
当時なんとかなっていた会社の遺産を
親戚のおじさんに売却して
BCGを経て自分で事業を始めた

夜逃げには懲りていなかったんだと思った



自分の起業に至る経緯は
成り行きのような部分があって
強い起業意欲や
昔からのプランが明確にあったわけではないが
強いて言うと上に上げた3つの話が原体験になっている


で、実際にやってみると
とんでもなく大変なので
人に容易に進められることではないが
ひとついえるのは
毎朝起きるのが楽しみである
シャキッと目覚めることが多くなった
二日酔いの日を除くと


haruhicomをフォローしましょう

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。