バイオベンチャー創業記 2008年07月

スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


haruhicomをフォローしましょう

Rocheふたたび

  • 2008/07/22(火) 05:36:15

Rocheが再びGenentechの完全子会社化に動いているそうです。

かつて95年にRocheはGenentechを完全子会社化したことがありましたが
研究開発の独自性が失われたことを嫌って
人材の流動化とそれに伴うアクティビティーの低下が起こり
2000年にRocheは一部売却へと向かったのですが
癌のパイプラインを強化するという目的で
今回Rocheは再び売却した株を買い戻すということです。

今回の買収提案は$89で残りの株式を買収するということで
直近で$70-85で推移していた株価に
わずかにプレミアムを乗せただけなので
本提案では不十分だというアナリストの評価もあります。
実際に現在の価格は$93で買収価格を超えています。
ちなみにその価格ですと時価総額は$98Bで
約10兆円になりますので
現在の保有比率55.9%の残りですから
約5兆円の買収額ということになります。

そういえば昨年の初めに前CEOのFranz Humer氏は、
「大型買収には関心がないが、Genentech 社と中外製薬の保有株式数を増やすかもしれない」
といっていましたが
よもや再び完全子会社化しようとするとは
思いませんでした。


haruhicomをフォローしましょう
スポンサーサイト

どこまで呪われているのか

  • 2008/07/10(木) 01:07:55

またしてもCD28がらみのPhI on holdです。

ドイツのMediGene社が行っていた
RhuDex第一相臨床試験で死亡例がでて
臨床試験の差し止めとなりました。

RhuDexはCD80に結合して
CD80がCD28に結合するのを阻害する薬で
リウマチを対象疾患に開発されていました。
経口版のリウマチ治療薬ですので
ブロックバスターの期待のあるプロダクトでした。

もともとこの薬はAvidexという会社がもっていて
2006年にAvidexを買収することで
この薬を含むアセットを取り込んでいます。
2006年にAvidexによる「溶液製剤で」PhIはいったん成功裏に終了していて
2007年1月にはPhIIaを開始し
既にポジティブな結果を報告していたのですが
これを「錠剤(Tablet)」に変更してのPhIによる事故でした。

まだ薬との相関は明確な状況ではないので
性急な結論付けはいけないと思いますが
先のPhIIaの結果で喜んでいた会社にとっては
かなりのダメージだと思います。

やはりCD28は触ってはいけないターゲットなんでしょうか。


haruhicomをフォローしましょう

BIO EXPO

  • 2008/07/03(木) 00:00:01

BIO EXPOに出かけたら
たくさんの関係者にお会いしまして
「最近ブログの更新を怠けていますね」
といわれてプレッシャーを受けました。

面白い話もないこともないのですが
細々とやっていたはずのブログが
最近は広範囲に知れることなり
なかなか書きづらくなってきたのが実情です。
いっそ別に立ち上げてまたこっそりとやろうかと
思ったりしている今日この頃です。

ところでそのBIO EXPOですが
来場者もそれなりに多く
それなりに盛況のようにも見えますが
海外のBIOなどと比べると「あれっ」とくることも
結構多いような気がします。

たとえばパートナリングのシステムですが
製薬会社の担当者さんの業務用のメルアドが
そのまま表示されるようになっており
あれではセキュリティー的に問題があるはずです。

これはBIO EXPOではないですが
似たような日本のもうひとつのカンファレンスでは
相手会社とのミーティングを
パーティションで隔てられたオープンスペースでさせられて
これでは秘密も何もあったものじゃない
と感じたこともありました。

おそらくバイオの業界団体が立ち上げたイベントと
他の業種の会議も扱う会議屋さんが立ち上げたイベントでは
基本コンセプトが異なっているような気がします。
正直にいって???なところもたくさんあります。

BIO EXPOは何でもリード エグジビション ジャパンなる会社が
主催者のようですして
HPを見てみると
めがねやら学習ツールやら
見本市なら何でも扱っている会社のようで
それで年間120億円も売り上げているのですから
(商売的には)結構立派な会社のような
印象を受けました。
創業者の本をレセプションの前で売っていたのには
ちょっと辟易としましたが。。。
(誰も買わないので担当者は暇そうだった)

そういえばかつてソフトバンクも
コンピュータ見本市「コムデックス」に資本参加したりして
成長のきっかけになったと記されていますが
うまく軌道に乗せられれば
相当いいビジネスになると思います。

先のBIOの年会などは
BIO EXPOと異なって
来場者から一人20万円近く取りますので
2万人の参加と言われているので
それだけで40億円のビジネスです。
さらに出展者やスポンサーからも
お金を取っていますから50-100億円の売り上げが
出ているものと予想されます。

兎にも角にもこういった会議は
集客力が重要なので
そういう意味では
無料ではじめて
どこかのタイミングで有料化というのが
戦略なんでしょうね。

しかし暑くて歩いているだけで疲れました。


haruhicomをフォローしましょう

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。